Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

バスケ

目の上のタンコブ(良性)

まだまだタイミング次第といったところですが、平塚総合公園を走り、湘南ベルマーレのホーム、BMWスタジアムの階段でトレーニングします。


誰しもときの流れにはあがなえないもので、頻度の上がらない運動は、爽快さよりも衰えを突きつけてきます(´・ω・`)



もっと頑張ればもっとカラダは動くはず、とアタマでは考えても、さあ今動き出せば走りに行けるぞ!


というタイミングでコーヒー飲んでパン食べて小腹埋めてしまい、まったりしている自分がいます。。


モチベーションであるバスケットボールも、半分以下の年齢の子を相手に走り勝つというイメージは沸かず、もはやイメージ出来たとしても妄想だろソレ、と自らブレーキをかける始末



そんな中、モチベーションを頂けるのはもはや若手ではなく、歳上。



半世紀を越えて走り回っているのもザラで、赤いちゃんちゃんこすら、随分懐かしい話だなと言いかねない年齢の方々が、未だに鋭い動きをしたりするからたまったもんじゃありません。



少子高齢化社会を憂う話は多々あります。


社会を支える若者が減り、支えてもらう側が増える、と。



ちょっと待て、大変だ大変だと言いますが、なんで年寄りがお荷物の前提で憂うんだ?


と思うんです。



競技スポーツにおいても、自分より動きも良くて、イキイキ充実してる人達ばかりです。


こちとらベテラン面してバスケットボールやりたいのにさらに上がいるとやりづらいので、全く目の上のタンコブです(笑)


うかうかサボれないんです。



どうか、ずっとへばりついてるタンコブでいてほしいものです



  • 2018.02.24 Saturday
  • 14:04

バスケ

終わりなき旅



23日はhoopinthehood平塚でした。
今回は主に天候が難敵でした?

でも、もう13年くらい?毎回予備日なしの一発開催で中止なしの大記録更新中です?

さて、全く個人的な話で、僕はシュートが汚いんです(笑)



入ればいいんですが、何事においても“型”には意味があり、しなやかさとか滑らかさ、見た目の美しさにはなるほど機能美とも言える必然があります。

なんにも知らない人が見ても、あ、形がキレイだな、フォームがキレイだな、と言うのは、なんとはなしにわかるものですよね。


僕のシュートフォームの汚さは、機能性の損失を意味しています(笑)

で、昨日、少しフォームのどこがおかしいのか?見直してきたら、1つ2つ、気付きがありました。

意識せずとも修正したように出来るようになる→身につく

にはまだまだ時間がかかりますが、トライ&エラーを繰り返し

上達しよう、と思えることがあるのは、実に幸せなことだなあと、感謝しきりです。

イベントの試合中に激しく足を痛め、満足に歩けなかったんですが、それでも体育館に向かって


新たな課題を見つけて向上しようとする、そんな事って、誰にもそうそうあるもんではありません


たかがバスケットボール


ではありますが、どうやら僕のボールライフはまだまだ先の長い話になりそうです

  • 2017.07.26 Wednesday
  • 15:06

バスケ

たまにはバスケで。今更Bリーグ観戦の話

Bリーグ、ファーストシーズンが終わりましたね。

平塚は川崎ブレイブサンダースと、横浜ビーコルセアーズのサブホームになってます。


ウチは平塚総合体育館からすぐ近くで、徒歩100歩くらい?です。


しかし縁遠いと言いますか、まるで観るチャンスがなく(大概仕事と被るんです)

ここへきてようやく観戦の機会がありました?


率直に、「おもしろくなったなー」と感じてます。


新リーグになっただけで自動的に面白くなるわけではないですが、プレイオフに入るとゲームの中身自体が、観戦していて面白かったです(*´∀`)


以前の、2リーグ分かれてた頃とか、試合自体が、観ていて面白くないという(;´Д`)

次シーズンからはブレイブサンダースと、ビーコルセアーズはカンファレンスが違い、果たして平塚開催では2つのカンファレンスの試合が観れるというオイシイ展開になるのか?


非常に楽しみにしております


  • 2017.06.12 Monday
  • 09:13

バスケ

いとぱん像

 

怒られたら削除すればいいやと(笑)名前を表題にさせていただきました。

 

シーズン的にそろそろ中居君のスポーツ番組やるかな〜と思いますが

 

 

今年も出場(出演?)でしょうか?

 

 

縁あって手術する前の1年だけ、少し一緒にバスケやらせてもらったいとぱん。

 

 

地元で子どもたちにバスケの場を提供する中で、いくつかの到達イメージがありますが、その中には「いとぱん像」というものが

 

僕にはありまして。

 

 

彼は、ゲーム中、決して仲間に文句を言いません、仲間がどんなミスをしても励まして、どんな劣勢な状況でも自分でどうにかしようという意志を持ってゲームをします。

 

 

コートを離れた時にも忘れ得ないことがありまして。関東大会の帰り道、車内で急に舌打ちをするんです。

 

何かと思ったら、白杖を持った方が立ったままで、席を譲ろうとしない若者たちに怒りの表情をにじませていました(;´∀`)

 

 

技術もカラダづくりも、当然大事です、勝敗も、競技スポーツである以上、それがなければ何のためにやってるのかもわかりません。

 

 

ですが、レベルはどうあれ、子どもたちを「育成」という、恐れ多くもその言葉を用いて接しようとするときに

 

 

目指すベクトルというものは明確に定めるべきだし、そうでなければ関わるべきではないとさえ思います。

 

 

僕は常に「自律」を目標に、子どもたちに接しております。

 

 

自律とは何か?いとぱんです、というww

もちろん多くの到達イメージの中の一つですが、こういう人になってほしいという、その中の一人として僕の中ではいまでも彼の振る舞いというのはあるべき姿として残っています。

 

 

 

バスケがうまけりゃ終わりではない、全人格的な成長こそ望むべき所であると

 

 

次週は、中原中でVAMOSのクリニックもあるので、再度確認の意味も込めて記事にしてみました。

 

 

 

  • 2016.12.15 Thursday
  • 09:26

バスケ

人間力

 

バスケネタ連投ですいません。

 

夏に活動が集中するので、この間に出さないとネタが枯渇しますのでww(^◇^)

 

今度は、スポルディングカップ橋本アリオ大会にエントリーしてきました。

 

息子を仲間の代打として起用、ストリートデビューです。

 

結果はあまり芳しくなかったですが、楽しめたし、息子にもいい経験になりました♪

 

スタッフの皆さん、ありがとうございました☆

 

 

 

さて、苦言ですが、僕は10年来、このバスケットボールという世界で、ただプレーするのみならず

 

イベントや大会運営、企画、といわゆる裏方と言える方々との親交を深めさせていただき、むしろそうした“縁の下”から見たバスケットボールをいつもやってきましたし、運営してきました。

 

 

Bリーグもいよいよ来月から、3X3も公式オリンピック種目を目指して世界大会等も盛ん

 

ストリートの大会も盛況で、特に夏はトップシーズンです。

 

 

いつの時代もそうですが、興隆したのちにおいても、苦心して開拓した世代、初めからすべてが与えられた世代とは隔世の感があり

 

人間力を高めることをどうしても両立して育成が出来ない、という課題が残ります。

 

 

 

バスケがうまい、強いだけでは、どうしても突破できない壁があります。

 

 

実るほどこうべを垂れるナントカ、です。

 

頭を下げろとは言いませんが、某都知事がクソミソに日本中から叩かれて失脚させられたあれがいい例です。

 

 

平塚には日本一の大学もあります、多くの選手が排出され、その振る舞いが注目されます。

 

 

それは末端の選手も含めてです、大学の名前、お世話になった先生の名前を高めるのも下げるのも、一人一人の振る舞いです。

 

 

プロチームです、育成の教室です。

 

 

キャリアもあり、実績も十分、教室も笑顔でいい内容、いい指導と謳ったところで

 

 

人間力がなければ、何のための育成か?

 

ただバスケの技術だけ身に着けて何になるのか?

 

 

普段よりも大会等にエントリーする夏だからこそ、現場でよく見かけるだけに、現状があまり良くないことが気になりますが

 

ごく一部のトップだけでバスケットボール界がよくなるわけではないです。

 

 

携わる、一人一人の振る舞いであることを、よ〜〜〜〜く考えてほしいと思います。

 

 

 

  • 2016.08.01 Monday
  • 09:54