Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

登校児童の見守りと旗降り

 

よく見たら夏はごみ拾いテーマを連投してました(笑)

 

さて、早朝ごみ拾いのあとには

 

小学生児童、登校時の交差点旗降りボランティアを買って出てます。

町内会に加入していらっしゃる、児童父兄による、週に1回の当番箇所がありまして
危険個所、という事でもないのですが、週に1回ではなんなので、残りの平日はすべてじぶんがやりますと
校長先生にお話しして、立つことになりました。
大柄な人間が、蛍光色の「横断」と書いた旗を担ぎ
道端に立っている、これが視野に入らないドライバーもいないと思うので(笑)相応に、速度をセーブしたり
児童の横断を優先するきっかけになれば、と思ってほぼ毎日立っております。
自分でも意外な変化というか、やらせていただいて、感謝していることがありまして
「おはようございます」「いってらっしゃい」とあいさつをするようになりました。
・・・僕がw
小学生に一礼し、「おはよう“ございます”」とあいさつします。
大人、親として威厳を保つではないですが、「お!おはよう!」とか、もうちょっとフランクに声掛けしたり
そんな調子になるかと思いきや
VIPを丁重に送りだすような気持ちで出来てます。
いま、こうして子どもたちに敬意をもって接している。
これは貴重な体験をさせてもらっていると感謝してます✨
反面、30km制限の道路を猛スピードで飛ばし
横断歩道で一時停止をする気配のないような車両は、恐ろしくにらみつけてますけども(笑)
  • 2020.09.17 Thursday
  • 10:27

灸屋

ゴミ拾い習慣


毎日、毎朝ですが、灸屋はゴミ拾いしてます。


灸屋イコールバスケットボール

バスケットボールイコール灸屋


ということで、公園のバスケットボールコート周りにゴミが散乱するこの季節


毎朝ゴミ拾いしてます。


その公園までの道中


平塚中等教育学校と大原小学校があります。


この道にですね、吸い殻ゴミがまあ多いこと💦


ちなみに今朝は33本拾いました。


タバコのポイ捨てが許される場所はないのですが、それにしても、よりによっての学校周辺でつてのは…



あんまり広範囲に掃除してると奇異な目で見られるのでよしなさい


と妻に嗜められておりますが笑)


聴力バッチリなのに聞き流しがひどいと家族で評判❓の得意技


で聞き流して毎朝ゴミ拾いしてます(笑)

  • 2020.08.30 Sunday
  • 07:29

灸屋

ごみ拾いから見える社会

灸屋の最寄り、“庭”という表現も厭わない、平塚市総合公園



こちらにはそこそこ需要の高いHOOP(バスケコート)があります。



ボランティアでごみ拾いや草むしりをしてましたが、今年は一歩前進し、管理事務所とのお話し合いの時間を頂き


利用者が団体として、管理責任者と連携し、自主的に保全に尽力します、という方向でミーティングし、先ずはゴミゼロに向けた行動


毎朝のごみ拾いを開始


と、新たな案内板の設置を提案し、内容についても一案を提出しました。



いったい何をやっているのか?と言いますと話が長くなりますので(笑)大きく割愛しますが


一義的には、バスケの設備を拡充していただきたい、そこで多様な交流の場が拡がれば、平塚が良い町になるひとつのピースとなります。



健康や社会教育、貧困や異文化交流等、様々な課題、テーマも実は内包していますが


あまり意味を詰め込んでも理解されないので、とにかく公園がきれいな状態で、みんなが楽しく利用出来ればいいな


という気持ちでごみ拾い活動を続けております。



さすがに毎日はこれまでやったことがないので、持続することを念頭に



ここに書いた以上、退路を絶ったつもりで(笑)






  • 2020.08.09 Sunday
  • 07:58

灸屋

女性専門女性スタッフ✨


暑い、蒸し暑い💧


とエアコンをつけると



…寒い、なんか寒い❄️


とどーすればよいのやら?という長雨の今日この頃☔



コンディションを安定させるのも、難しい毎日ではないかとご推察します。



やっぱり気だるい時にはのんびりマッサージでも受けて、昼寝出来たら最高の中の、最高だなぁ🎶と思います。



ところが灸屋は、スゲーしゃべってくるし、鍼もなかなか刺激あるしで休めないよ💦(笑)



という女性の方、に改めてお知らせ&オススメしたいのは


マッサージは女性スタッフ希望です


というご要望にお答えできます、ということです🎶



乾性の通常マッサージ、もヴェレダオイルを使ったオイルマッサージも出来る


女性スタッフが灸屋にはいるのですよ❗



子育てもありますので、コソ〜っとジワ〜っと一部の方にお知らせしてましたが



子育ても大分落ち着いてきたので、ぼちぼち解禁していきます✨



振り替えれば結婚する前、マッサージ会社に勤めていた妻は、渋谷のビル広告にドドーン‼️と出ていた看板娘(死語)でした(笑)



あれから20年



「アイムバック」と言ったかどうかは定かではありませんが



平塚の地で、灸屋としてマッサージとお灸のプロとしてスタートです🎶



いやー、身内贔屓目を差し引いても


妻ほどマッサージうまい人、まだあったことないです🎶



  • 2020.07.29 Wednesday
  • 09:07

灸屋

灸屋覚書 2020年の確信

 

過去にも、灸屋のスタイルを模索している投稿はあったと思いますが、おそらく、僕が元気で営業し、ブログを投稿している間はずっと試行錯誤を続けていくことだと思います。

 

自分の記録であり、気づきであり、備忘録であったりしますし、同時に、発信している意味は、言葉によって役に立てることもあるだろう

 

 

そんな想いもあってのことです。

長い年月を要するかもしれないですが、「あんなのが、結構いい感じに変わったよなあ〜」
そんな実証になれば幸いだと思います♪
2020年現在、今の気づきを書き留めようと思って投稿しております
治療院、研究所、ラボ、庵、トレセン、それぞれにコンセプトがあって名称にも反映されておる処も多々ございますが
「灸屋」 立ち位置というかスタイルを模索し続けております。
大学で学ぶ、教育学を学び続けるというスタイルは、一つ、確立しつつあると思ってます。
でも、私がマスターとして教授するというラボや研究所的なスタイルは想定してません。
僕が、お客さんから教わることもあるし、学びあい、共有、といった立ち位置が気持ちいい、そう考えるようになれました。
と、ですね、器質的な疾患や問題から、心の時代になる、そこで自分にも同苦の心が必要となる、そう考えてきました。
ただそれには、あまりに灸屋が経験足りず、相応の年月と、挫折や失敗、苦労がどうしても必要であると
そこに思いが至った、というのが2020年です。
「あらゆる勉強も経験もしましたので、すべて熟知してます」みたいな人間を、ど〜にも信用できない(笑)
何かを悟ったとしても、また次の悩みが現れる、その連続が人生ってやつじゃないですか
どうもこの鍼灸とか整体とかの世界、全知全能みたいな人が訳知り顔で現れ、消えていく、みたいなのがあるように思いますが、
極端にいえばですよ、必ず人は死ぬわけで💦それを止めることも避けることも出来ない
それで人間のカラダのことはすべてわかっている
みたいなこと、よく言えるなと💦
すいません、disが出てきちゃいました(笑)
ともあれ、そうであればこそ、これまでの失敗や挫折も必然的に伴うべき経験で
今後ももちろん、もう完成、という地点は実質的には存在せず、山あり谷ありをさらに超えていかなくてはいけない
そうしたフラットな人間観を持っていないで、人の生老病死の苦悩に向かい合うなんて、出来るわけない、と
だからこそ、学び続けるしかない、成長を求めるしかない、成長のためには、失敗は不可欠である
そう、2020年の灸屋は考えてるよ、スタイルを確立しつつあるよ、と、後年、見返すために書いてみました。
  • 2020.07.10 Friday
  • 10:52