Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

巷で話題の、小学生の登校拒否問題について一考

現在、大学で週2本のレポートを出し続ける挑戦をしています。そんな忙殺真っただ中であえて寄り道💦

 

最近取り上げられて、「賛否両論」と言われる登校拒否問題に自分もひと噛み。

 

教育を語る上で重要な報告書があります。

 

それは1996年、ユネスコの公式な報告書「学習:秘められた宝」

 

という文章です。

 

 

報告書の核心部分である“学習の四本柱”という部分があり、少し紹介します。

 

知ることを学ぶ

単にマニュアル化された情報を獲得すること以上に、知識獲得の手段そのものを習得すること、である。いかに学ぶかを学ばねばならないし、情報過多の時代だからこそ、集中力、記憶力、思考力を習得し、物事の発見には時間がかかり、情報の精査にも時間がかかることを知らなければならない。

 

為すべきことを学ぶ

知識をいかに実践に結び付けるか、つまり学習をいかに将来の仕事といかに結び付けるか。そのうえで、単に職業上の技能や資格を取得するだけではなく、もっと広く多様な状況に対処し、他者とともに働く能力を身につける。それは具体的にはあらゆる体験を通していかに行動すべきかという事を学ぶのである。
共に生きることを学ぶ
1:他者を発見すること
他者を知るためにはまず己を知らなければならない。教育は、まず自身が何者なのかを発見する手助けをしてやらねばならない。そうしてこそ初めて、子どもたちは、他人の身になって考え、他人の反応を理解することが出来るようになる。
2:共通目標のための共同作業
子どもたちにはできるだけ早い時期から、スポーツや文化活動、あるいは地域活動、奉仕活動援助活動などを通して、共同作業ができるような充分な時間や計画を設けるべき
人間として生きることを学ぶ
生まれた時から生涯の終わりまで続く個の発達は、自己を知ることから始まり、自己と他者との関係を築くという対話的過程である。その意味で教育とは、何にもまして心の旅路であり、その里程標は絶え間ない人格形成の仮定である。
ちょっと難しい内容ですが、大学のテキストにこの報告書についての記載があり、抜粋させていただきました。
1991年、ユネスコ総会で、21世紀の教育と学習についての検討を進める組織として
21世紀教育国際委員会が設置されました。
発足以来、世界各国で会合を重ねて、1996年にこの報告書がまとめられました。
21世紀、何をどのように学習すべきかというキーワードで述べられています。
長くて難しいかもしれませんが、読んでいただけたら参考になるかなと思います。
教育は生きていくためのツールであり、これを奪うことは人権問題です。
このニュース、賛成反対、賛否両論と巷では言われているようですが、基本的人権の問題ではないかと危惧しています
  • 2019.05.15 Wednesday
  • 09:55

灸屋

インクルーシブ灸屋

灸屋ワークスのなかで、訪問して医療マッサージをさせてもらってます。

 

今は要件を満たされた方ならどなたでも承ってますが、そもそもは

 

障害を持つ児童を対象に、と始めました。

 

以前にも何度か書きましたが、免許取得当初は在宅での医療マッサージの会社にお世話になり

お笑いで言うところのNSC的な職場で未熟者のわたくしを育ててくださいました。
大手での経験があるので、ありありと感じていたのは、高齢者中心にサービスが広がっていて
子どもたちにはまったく浸透していないな、ということでした。
養護学校や支援施設に慰問マッサージに伺わせてもらったり
個人レベルでできることはやってみましたが、根っからの営業下手で、ボランティア感覚で終わっていることが
なんともお役に立てきれずに申し訳ないです。。
医療マッサージを担当させてもらっているかつての子どもたちも立派に成人し、いまや親戚のおじさん状態w
体調の変動やさまざまな環境の理由で必ずしもコンスタントに施術できるわけでもないんですが
長期的な視野で、健康な生活の一助としてお役に立てればと考えております。

 

 

 

教育学部の方は、レポートと試験による学習スタイルが8割以上となり、自分との戦いです。

 

 

惰性を排し、仕事と勉強の両立を図りたいと思います。

 

 

そのために、寮生活となった息子の部屋は日々侵食しておりますww

  • 2019.05.10 Friday
  • 06:42

灸屋

灸屋ワークス

はり灸マッサージのお店としての情報

 

健康ネタとか、キャンペーンとか

 

 

そうした話題が少ない❓と感じます。

 

例えばこの画像ですが、灸屋近くの通学路🚸でもある歩道

 

めちゃくちゃ狭いですが、ツツジの枝がせり出し、歩行者の邪魔です

 

これを何とか早く選定してほしい、と行政に訴えてます。

 

 

というようなことを話題にしてます。

 

 

 

 

・・・・・灸屋を検索していただき、閲覧していただいた話が道端のツツジの話でいいのか??

 

はなはだ疑問ではあります。

 

 

集客PR効果としても、疑問しかございません(笑)

 

 

近々、と言いながらたぶんすぐじゃないと思いますが、無料で作れるHPを作成し(いまちょっと試験的にいぢってます)

ブログもアメブロとかに引っ越したいなと考えてます。
なぜか?
より多くの人の目に留まらないと書いてて意味がないからです。日記じゃないんで💦
もちろん、趣味?癖?文章を書くのは、嫌いではないです、むしろ好物ですが
店舗としての灸屋を知ってもらう&それと同じくらい
灸屋マインドの話をするのが大事だな〜と思ってます、長年そう思って書いてます。
マインドは必要ない、技術と価格だ、必要な情報は。
ある一定の期間に限って言えばそうかもしれません。
ある一定の期間とは、店舗の賞味期限です。飽きられるまでの限定であればそれでもいいかもしれません。
でも灸屋って図々しい話ですが、あと40年は右肩上がりにしたいんです(笑)
そのためには情報コンテンツは、笑っていいとも並みに多彩でなくてはいけない、と思いますし
フィードバックして考えると、地域の発展がないと、店舗の発展もない、という事があり
教育や社会の問題、地域の問題についての話題はた〜くさんあるわけです。
これでも、書いちゃいけないことをだいぶセルフコントロールしているので、話題が枯渇することはないですw
どこへ向かっているのか?自分でも図れない部分がありますが
社会教育の教育者になりたいな♪と考えていて、そのステージと手段が、マッサージであったりするのは
ユニークだな、と思っております。
だから、寝るようなマッサージを求められても、枕もとでうるさく話してる次第ですww
  • 2019.05.08 Wednesday
  • 07:46

灸屋

GWってナニ?みたいな灸屋

通常営業灸屋です。

 

唯一、28日緑化市に献血へ出掛けました(徒歩100m)

 

天気予報が二転三転する中

 

晴天と雨とで、いい方には転がらず

 

なんともレジャー気分には遠く。。。

 

 

こうした陽気で、休みに入り活動量が減ると

 

なーんか体調がなあ〜

 

 

ってなります、なりますよね。

 

 

大概、運動すりゃ解決です(ザックリ)

 

 

運動って、何でサッと腰が上がらないんでしょうかね?

 

 

運動がある程度、役に立つことは立証済みでもあり、体感的にも経験されてる人も多いはず

 

 

 

でも、やらない、寝りゃいいか、っていう選択をしたり

 

我慢してるうちにどうにかなる

 

 

ってなりません??

 

 

灸屋は、この問題に明快な答えを

 

 

出せません(笑)

 

 

自分でもうっかりすると運動しない日が重なり

 

体調悪いな・・・あ、運動もしてないや

 

 

あるあるです。

 

 

5月3日、ようやく晴れました

 

さ、レッツムーブです

  • 2019.05.02 Thursday
  • 17:06

灸屋

いじめをなくす

いじめ予防プログラムを受講しておりますが

 

その内容をふんだんに盛り込んだ書籍が発売され、予約して購入しました。

 

 

いじめに関わりがない人はほとんどいない

 

ほとんどの人が直接間接的に、いじめと関わっている

 

僕もそうです

 

振り返ればあれはいじめてたことになる、と思うこともあれば

 

あれっていじめられてたんだ、と気づくこともあります。

 

 

生きてくのもギリなのに、たか〜い税金取られて、先行き不透明感ばかり

 

 

国と僕とは、アンバランスパワーと、シンキングエラーじゃないのか?と思ったりしますw

 

 

当たらずも遠からず、大人の世界から変えていかないと、子どもの世界も守れません

 

 

今年は、さらにまた忙しい1年になりますが

 

いじめ予防は、ライフワークとして勉強と、実践を積み重ねていきたいと思います

  • 2019.04.22 Monday
  • 14:13