Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

明治の女

※画像は本文と関係ありません。季節感です。

 

先日、親戚のおじさんとのお別れでした。

 

母方の親族で、こういう時にしか顔を合わすこともなくなってきましたが、皆元気そうで、おじちゃんも安心して旅立てたのではないかと。安らかに休んでくださいね。

 

 

母方の親戚といいましたが、母“菊世”は8人兄弟で、その中で母は最速でなくなりました。

 

思えば恵まれているなあと。菊世が息を引き取る病室には、多くの親族が駆けつけてくれました。

 

あの時、父“茂”が病室で言ったのか、後の葬儀で話したのか記憶があいまいになってますが菊世のことを

 

 

「明治の女」と讃えてました。

 

 

正確に意味が分からなかったのですが、明治の時代の女性像がたくましく、気骨のある、という意味の言葉かなと思ってました。

 

 

あれから20年、本当に最近知ったのですが、僕のおばあちゃん、は晩年、我が家で同居してたという事を知りました。

 

茂も菊世と同じ8人兄弟で、末っ子。おばあちゃん(父にしたら母親)にはかわいがられたそうで、伊勢原の本家から晩年引き取って看ていたようです。

 

とはいえ、実際に看ていたのはおそらく菊世。だって勤務地は歩いてすぐの共済だし看護師でしたもん。世話好きですし、この上ない介護環境ですよね。

 

 

菊世にはいろんな苦労があったと思います、「明治の女」というのが茂にとっては自分にべったり溺愛の母、その母と同じ愛情を、どこか、菊世に重ねている面もあったのか?いまでは確かめようもありません。

 

まあそうだとしたらずいぶん勝手な話です。今のご時世では許されないでしょうけど。

 

 

でも、どういう言葉が正解かはわかりませんけど、茂は自分が人を助けもすれば、人に迷惑をかける人間、もののけ姫的にいえばでいだらぼっちのような存在であることは充分自覚していました。

 

それを承知で、よくぞ耐えてきてくれた、菊世「ありがとう」

 

その「ありがとう」が、いろんな意味をひっくるめて「明治の女」だった、という言葉だったのかなと、回想してます。

 

 

おじちゃんの葬儀が、久しぶりに母のことを思い出させてくれました。

 

 

  • 2019.06.28 Friday
  • 19:56

灸屋

話す勇気

※画像は使い回しです。本文とは全く関係ないです(笑)


昨日、平塚市が設置している子育て会議に出席しました。2年間、委員として参加します。


まず、なんのための会議で何をするのか?の丁寧な説明があり



それが約1時間💦


堪えはしましたが、ナウシカ的に言えば、金色の草原で自分が立つ姿が見えてました



まぼろしー!!




聞いたわりにあんまり理解できず、会議終了後に、恥を忍んで議長副議長さんに質問しました。


慈父慈母のごときお二人のベテラン役員様は、行政担当さんの説明がわかってないあわれな自分に優しく、明解に説明してくださいました✨



…初めから議長に説明を任せたら1/10位の時間で説明終われたな…なんて思ったのはナイショです(笑)


でも、わかってないのかよっ💦って思われるのカッコわりいって壁を突破して


聞いてよかったなとしみじみ



踏み出さないとどんな方とどんな対話が生まれるかわからない



勇気って、大事だなと改めて感じました


  • 2019.06.25 Tuesday
  • 18:55

灸屋

雨季突入

海水パンツを買いました。


とはいえ水に縁はなく、もっぱらジョギングとバスケに使います。


保健指導を受け、ジョギング頻度をあげてきました。


ところがここへ来て梅雨、そして足の痛みでジョギング頻度、急ブレーキです💦


なんとかアイテムで士気をあげたいという、投資策で買ったんですがー(笑)


海水パンツなので、雨でも走れるじゃん



って意見はナシでお願いします(笑)




  • 2019.06.24 Monday
  • 12:14

灸屋

巷で話題の、小学生の登校拒否問題について一考

現在、大学で週2本のレポートを出し続ける挑戦をしています。そんな忙殺真っただ中であえて寄り道💦

 

最近取り上げられて、「賛否両論」と言われる登校拒否問題に自分もひと噛み。

 

教育を語る上で重要な報告書があります。

 

それは1996年、ユネスコの公式な報告書「学習:秘められた宝」

 

という文章です。

 

 

報告書の核心部分である“学習の四本柱”という部分があり、少し紹介します。

 

知ることを学ぶ

単にマニュアル化された情報を獲得すること以上に、知識獲得の手段そのものを習得すること、である。いかに学ぶかを学ばねばならないし、情報過多の時代だからこそ、集中力、記憶力、思考力を習得し、物事の発見には時間がかかり、情報の精査にも時間がかかることを知らなければならない。

 

為すべきことを学ぶ

知識をいかに実践に結び付けるか、つまり学習をいかに将来の仕事といかに結び付けるか。そのうえで、単に職業上の技能や資格を取得するだけではなく、もっと広く多様な状況に対処し、他者とともに働く能力を身につける。それは具体的にはあらゆる体験を通していかに行動すべきかという事を学ぶのである。
共に生きることを学ぶ
1:他者を発見すること
他者を知るためにはまず己を知らなければならない。教育は、まず自身が何者なのかを発見する手助けをしてやらねばならない。そうしてこそ初めて、子どもたちは、他人の身になって考え、他人の反応を理解することが出来るようになる。
2:共通目標のための共同作業
子どもたちにはできるだけ早い時期から、スポーツや文化活動、あるいは地域活動、奉仕活動援助活動などを通して、共同作業ができるような充分な時間や計画を設けるべき
人間として生きることを学ぶ
生まれた時から生涯の終わりまで続く個の発達は、自己を知ることから始まり、自己と他者との関係を築くという対話的過程である。その意味で教育とは、何にもまして心の旅路であり、その里程標は絶え間ない人格形成の仮定である。
ちょっと難しい内容ですが、大学のテキストにこの報告書についての記載があり、抜粋させていただきました。
1991年、ユネスコ総会で、21世紀の教育と学習についての検討を進める組織として
21世紀教育国際委員会が設置されました。
発足以来、世界各国で会合を重ねて、1996年にこの報告書がまとめられました。
21世紀、何をどのように学習すべきかというキーワードで述べられています。
長くて難しいかもしれませんが、読んでいただけたら参考になるかなと思います。
教育は生きていくためのツールであり、これを奪うことは人権問題です。
このニュース、賛成反対、賛否両論と巷では言われているようですが、基本的人権の問題ではないかと危惧しています
  • 2019.05.15 Wednesday
  • 09:55

灸屋

インクルーシブ灸屋

灸屋ワークスのなかで、訪問して医療マッサージをさせてもらってます。

 

今は要件を満たされた方ならどなたでも承ってますが、そもそもは

 

障害を持つ児童を対象に、と始めました。

 

以前にも何度か書きましたが、免許取得当初は在宅での医療マッサージの会社にお世話になり

お笑いで言うところのNSC的な職場で未熟者のわたくしを育ててくださいました。
大手での経験があるので、ありありと感じていたのは、高齢者中心にサービスが広がっていて
子どもたちにはまったく浸透していないな、ということでした。
養護学校や支援施設に慰問マッサージに伺わせてもらったり
個人レベルでできることはやってみましたが、根っからの営業下手で、ボランティア感覚で終わっていることが
なんともお役に立てきれずに申し訳ないです。。
医療マッサージを担当させてもらっているかつての子どもたちも立派に成人し、いまや親戚のおじさん状態w
体調の変動やさまざまな環境の理由で必ずしもコンスタントに施術できるわけでもないんですが
長期的な視野で、健康な生活の一助としてお役に立てればと考えております。

 

 

 

教育学部の方は、レポートと試験による学習スタイルが8割以上となり、自分との戦いです。

 

 

惰性を排し、仕事と勉強の両立を図りたいと思います。

 

 

そのために、寮生活となった息子の部屋は日々侵食しておりますww

  • 2019.05.10 Friday
  • 06:42