Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

-

11.18 新灸屋



おはようございます!!!!

晴れ渡る青空

暦は先勝、よし勝った!!

今日は我が灸屋、移転新規オープンの日です!!!ありがとうございます!!!

昨日も誕生祝で日をまたいでしまいましたが、今日も今日とて大事な記念日

具体的には保健所に行くくらいのもんですが

灸屋第2章のスタートです!

改めての所信表明です。

「健康第一!」これに尽きます。

経験値と知識と器量、今だからこそと言えるものがあります。人間として最大の悩み、生まれ、老い、病して、死ぬこと。

このすべてがここ数年で起こりました。

苦しみ悲しみを知った人間の強さがあります。乗り越えた確かな足跡があります。

最大の尊敬をもって見送った父の最後の書が「心」でした。

単なる根性論精神論ではなく、「心」こそが大事だと心肝に染めました。

乱暴な言い分ですが、技術なんてものは突き詰めるところ好みと相性ですw

知識は情報化された世の中で自分だけが持ちうる特徴ではもはやなくなってます、知らなきゃ調べりゃいいだけです。

我々も医療としての責任感を問う、という業団体の方向性があるようですが、どんな最先端医療であれ、究極的には不老不死が与えられない限り責任なんて取りようがないんです。どこかの時点でもうこれ以上は、って万歳することがわかっていて何が責任か?

ならば僕はその時、その瞬間、どう向き合うか、どう寄り添うか?

1人を大切にする心

こそが自分の役割として大事だとそう思います。

もちろん性格までは一気に変わらないから、道理に合わない人にやさしく出来るほど人間出来てませんよまだww

なぜかこういう職業に就いて、どうしたわけか勤めても常に会社とは折り合い付けられずに一人立ち、12年目にして自分が生まれ育ち、父が拠点を構えた中原の自宅に店舗を移す

大変恵まれて生まれ育った感謝と同時に、大変苦しい病苦や死と向き合ってきた

この境遇、というものが運命に翻弄されたわけではなく、確固たる使命があってこうなったんだと腰を据えて受け止める“覚悟”があります

あってもなくてもいい場所ではなく

誰かに必要とされる場所

となるよう地に足をつけていきますので、今後ともよろしくお願いします。

2013年11月18日

  • 2013.11.18 Monday
  • 08:32

Comment
さっそくのコメント有難うございます。もっぱらFB派の私ですが、ブログもきちんとやっていこうと思いますので今後ともよろしくです!!
  • yaito
  • 2013/11/18 3:21 PM
おめでとうございます!!
これからも、頑張ってください(*^^)v
  • 尾形
  • 2013/11/18 2:29 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback