Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

平塚

いい加減不景気ヅラはやめよう



不景気というのは相対的な話で

「世の中不景気で〜」、っていうのは誤りで、今絶好調に景気がいい人もいるはずですよね?

僕ら辺りから上、の世代の方の、いわゆる“景気回復”ってどこかなー?って思うと、

バブル基準がどうしても消えてないんじゃないか?と思うんです(´・ω・`)

バブル?ありゃダメだ、というのは後に一気にはじけるからであって、

 

じゃあもし永続するならやっぱりあんな世の中がいい



ってのがら奥底には何気にあるんじゃないかと、思うんです。

 



画像は、母がバリバリに働いてた頃の、共済病院です。
 

この写真のちょっと前までは、海軍病院って言われてた頃です(笑)

平塚に歴史ありですね〜ww


母は戦時中、あぜ道を歩いていたら戦闘機に機銃掃射されて田んぼに飛び込んで逃げたとか言ってました。


…母の生きた時代に比べたら、安心・安全・景気絶好調じゃないすかね?

僕の小さい頃でも、まぁ30〜40年くらい前ですが、「よくこれを客に出すよねー」みたいな

 

大胆な味の定食屋とかでも結構成り立ってました(笑)

同時に、おそらく一生関わりのないような高級な店もありましたが、

そんなとこに縁があるともつゆほども思わないのでそういうとこで食事できなくてもなんとも思いませんでした。


ホンモノはホンモノであることを追求出来る豊かさがあり、
ナンダこりゃ?的な不思議なモノを提供する商売屋にも食っていける程度のゆとりが世間にはありました。


いまよりももっと貧しい時代に、です。

 

 

我々にとって先ず必要なのは景気回復ではなく、ホンモノを知る文化力と、多様性を認める社会性ではないかと。

衣食住が過剰供給され、淘汰されるのであれば、容量がいいとか規模が大きいからではなく、

 

「ホンモノ」が残る文化的な知見があって欲しいですし、

我々もホンモノであろうとする努力の切磋琢磨があるべきだろうと思うんです。

その、苦闘の日々であるなら、景気不景気に全く関係なく

充実した“生きた”時間が過ごせると思うんです。


僕の好きなNBAレジェンドのチャールズバークレーはかつてアメリカの政治世論の「世の中真っ暗だ」というコメントに対して


「暗けりゃ電気でもつけりゃいいじゃねえか」


とバッサリ(笑)

要は、自分次第という話です。


暗い顔して下を向いていて暗いも何もない、上を向いてまぶたを開け


という事だと僕は、思うんです。


だからいいます、平塚は景気絶好調!!!

 

空から機銃掃射もなく、体の不調には素晴らしいお薬もあるし、私も多少お役に立てます!ww

 

お金がないない言ってもスマホはフリーWi-Fiで観放題です!

 

栄養失調より栄養過多で体調崩す人の方が多いくらいです!

 

 

数で言えば、人口比は確かに我々世代が多いです、多勢に無勢、景気悪いしてる人も自然と多いかもしれません。

 

だがしかし若者は、いつの時代も若者は希望です!

 

 

自分の苦しさを吐露して世の中を、若者の未来にケチをつけるようなことはするまい!

 

 

いつだって未来は希望です!

 

  • 2017.03.03 Friday
  • 18:42

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback