Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

平塚市

失敗の方程式

 

自由にやっていいというから

 

自由にやったら「余計なことをするな」叱られた

 

 

そんな経験は誰しもがお持ちではないでしょうか?

 

「地方の若者離れと衰退」、という記事を読みました、引用矢リンクは著作権とかだんだん面倒なので、省略します(笑)

 

地方はベテラン世代が若者をないがしろにしといて人口流出もないにもないだろうと、まあそういう趣旨です。

 

 

僕もよく、新しいアイデア、考え方を褒められながら、いあ実行となるとやんわりもしくはハッキリと否定され

 

結局今まで通りという流れの中で、雑用をこなすという経験がそれはもう富士山よりも高く積んでます。

 

 

経験上、それは失敗するんだよな〜、ということはベテラン先輩諸氏はよくわかってます。

 

でも、それは自分がチャレンジしたり、試行錯誤した結果、ではなかったでしょうか?

 

 

無駄な失敗をさせたくない、という思いやりでもあるかもしれないし、

 

時間がないのにわかりきった失敗で無駄な時間と労力を使いたくない

 

ということでもありかもしれません。

 

でも僕が思うに大事なのは

 

 

「失敗する経験」ではないでしょうか?

 

 

「やれることはすべてやった、お前のやりそうなことはすでに過去にやってきたんだ。それでもどうしてもダメだったからそれは失敗すると教えてやってんだ」

 

と言われるかもしれません。

 

 

でも、『過程』が『結果・成果』と同じかそれ以上に大切なものだとしたら

 

果たしてそう、ダメだしするものでもないんじゃないか?と思うんですがどうでしょうか。

 

 

ひょっとしたら、その部下、後輩、子どもetcの失敗によって

 

自分が面倒を背負い込むという事が一番、ネックになってないかな〜と

 

 

僕も世代的には親であり、先輩でありという立場になりますが

 

 

『失敗の方程式』があるとしたらそれを“知っている”だけではなく

 

どう失敗してもフォローできる器量を持てるようになっていたいな〜と思います、チャレンジを否定したりするのではなくね☆

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 10:25

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback