Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

故高橋照夫先生。先生、どうでしょう?

脈絡なく、ふいに先生のことを思い出しました。

 

専門学校時代の講師でマッサージの技術を教えてくださいました。

 

戸塚で治療院を開設されており、見学もご夫婦で快く迎えてくださいました。

 

 

飲み会も参加してくれ、次の飲み会は〇〇ですよ〜♪という話に毎回答えてくださいました。

 

 

体調不良という事でお断りの連絡があり、ある時から電話ではなく、FAXにてお誘いはありがたいけど、ちょっと治療に時間がかかりそうだという内容の文章を頂きました。

 

自分が未熟であったこともそうですが、先生もお若かったので、生死ということまではよもや考えもしないことでした。

 

 

後にも先にも、寛容さ、について高橋照夫先生ほど影響を受けた方はいらっしゃいません。

 

 

もっとね、研究とか仕事とか、ちゃんと同じステージで共同出来ればよかったんですけど、余りに自分が未熟すぎてそこまでには至らず。。。

 

 

 

学校やプライベートでの振る舞いを通じて、先生は僕のことを「リーダー」だと評してくださいました。

 

 

他者に気を配る素地がある、ということについて評価してくださったのだと思いますが、あくまでその素養についてであり、いまだ先生のような領域には程遠く。

 

 

 

大学のレポートも「自己流過ぎる」と評価されwwなかなか良い評価されません。レポートにも書式、形式がありますが、じぶんはどうやら型にはまったやり方が嫌いというより、出来ないのですね(汗)

 

勉強熱心研究熱心な先生からすると、至らない点が多い生徒ですが、僕は僕なりに先生を目指して頑張っております。

 

 

見守ってくださいというには年月も経ち、いい加減生まれ変わらせろって話で(笑)なんならとっくに生まれ変わって専門学校通うくらいの年齢でいらっしゃるかもしれませんが

 

 

先生のように「1人を大切に」

 

の精神を継承していくつもりです。

 

 

 

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 11:24

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback