Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

マッサージ革命

 

あまのじゃくということは、かなり前からアピールしておりましたが

 

仕事の上においても向学心を持つ方法がナナメ上方向で、現在も大学にて教育学を履修しております

 

 

 

 

 

ただ、間違っていないという信念も持ち合わせておりまして、まあ早晩

 

「マッサージって、機械でいいよね」時代はあると思ってます。

 

機械に妥協するという意味ではなく、機械が人間に肉薄する、と思ってのことで。

 

 

 

意見の分かれるところだとは思いますが、それ以上に、病院の最初の受診はタブレットのイエスノーチャート形式で

 

 

事足りるだろうと、つまり外来不要な時代も、なんならもう片足突っ込んでるな〜とか思ってます。

 

 

 

 

人間じゃなくても出来る領域は、機械に任せましょうよ、という流れは留まることを知らないな、と感じております。

 

駅の改札からもぎりの人が消えたあたりから、この一連の考え方をずっとしております、ということもブログ等で書いてきたので

 

 

どこかの政府みたいに文章が消えてることはないと思いますw

 

 

 

いかに自分が存在意義がある、社会の中で役割を頂ける存在であるか?を考えたときに

 

 

一番問題が大きいところを変える、そう、“人間性”

 

これが一番足りてませんでした(苦笑)

 

 

 

でも僕が考え、未来に向かって自分の役割と言える使命の場所を模索した時に

 

機械でもAIでも代えがたいものは何か?

 

 

それは人間であるという事だと考えました。技術はおそらくすごい勢いで精巧な模倣が可能になります。

 

マッサージも然りです。

 

 

だから技術や知識を磨き、同業同士競うことよりも、いかなる時代になろうとも、自分が自分の価値を見出せる場所を

 

 

と考え、それは人間であるという事、人間を相手にしているという事に真正面から対峙しよう

 

それだけの器量を備えよう、と決めたことです。

 

 

 

ゴールのない革命ですが、足りない部分も含めて、今日よりも明日の成長を信じて

 

1人1人と向き合おうと

 

 

お昼のテレビショッピングでマッサージチェアのCMをやっているのを眺めつつ、今回のテーマを書くことにしましたwww

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 18:42

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback