Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

知識×技術×経験=??

??の部分に何がくるのか?

 

灸屋もなかなか答えが見つかりません(汗)

 

なぜならば、この条件を有したプロの方が必ずしも評価を得ているわけではないからです。

 

自分のカラダの支障をどーにかしてもらいたい

 

と思ったときにまず思う期待する要件だと思うんですが(´・ω・`)

 

 

知識は今や、覚え込む時代は終焉を見ており、膨大な情報はクラウドにより多くの人に共有され、特別なものでなくなりました。

 

技術は時間をかけて習得されるものでモチロン、クラウド共有されません(笑)が、それゆえに独自性も強く、不特定多数の方とのマッチングも高いとは言えません。

 

経験は知識、技術の礎でもあり、理論を超えたものをもたらす事もありますが、普遍性があるものは経験値とするには弱いし、独自性があるものは説得力に欠けるという…

 

 

灸屋が知識や技術や経験をディスりだしたぞ、と思われませぬように^^;

 

モチロン生涯勉強、日々向上であります。

 

 

ただ、自戒を込めて言うならば、カスタマーファーストが第一義である事が全てであり

 

お客さんが灸屋を選択された事に、どれほどの価値をもたらす事ができるのか

 

この一点こそが肝要であると思うのであります。

 

 

特に、人のカラダ、もっといえば、人生、生活、生命に関わることは一様ではないですし、必ずしも期待にすべて答えることが出来ないことが大前提だからです。

 

「元気で死なないカラダにしてくれ」←誰しもが望む究極のオーダーには添えないのです。

 

 

灸屋は、よりよい生活のために、という意味で対話の中で競技スポーツに限らず、日常に運動を取り入れる事をオススメすることが多いです

 

 

運動のリスクについて学ばないのは無責任であるし、学んでいますよ、という事がカタチにならないとわかりづらいので、検定を活用してみることにしました

 

 

ね、知識等をディスってないでしょ?

 

 

知識と経験がケンカすることもありますが(笑)謙虚に学びたいと思います♫

  • 2018.02.10 Saturday
  • 06:35

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback