Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

セラピスト・施術者として最も重要なこと

 

全開の妻のデビュー告知、割と多くの方に見ていただいたので、調子に乗ってます。

 

 

本格的な告知を前に、新ロゴの件も話が進みだしております♪

 

 

女性的な要素も取り入れ、全人間的なデザインになりそうで楽しみです。

 

 

 

 

さて、ご覧の皆様も、灸屋に限らず、疼痛や不調などなど、病院と共に

各種療法の戸を叩くときがあると思います。

 

 

資格無資格の話はここでは置いておきまして、施術者を選ぶ際に重要な資質というか要件をお話します。

 

 

「健康自慢の人間は選んじゃダメ」

 

 

これはもう、間違いないな、と自分では陶酔しきってる黄金の法則です。

 

 

病気知らず、医者いらず、不調知らず、溢れる元気、という人間を選んで「善い選択をした」

 

とはならないでしょう。

 

 

 

苦しみ、悩んだ人間を選ぶのが、最善の選択になりますと申し上げたいのでございます。

 

 

 

技術とか、キャラクターの相性はもちろんございます。

 

 

症状の重い軽いもあるでしょう、ただご自身の健康のために

 

 

手を借りる相手として、最低限、これだけは、というのが「苦しみを知る」人であるべきだと。

 

 

元気な人に、元気をもらいに行こうとすると、浸透圧みたいなもので、元気吸われて終わります(笑)

難しい話を大幅に省きますが、「共感力」というものが、非常に大切であり
病気知らずのような人に相談しても、ただ不毛に疲れること必至です。
だからってドリフ大爆笑コントに出てくるような疲れ切った施術者でも困りますけどもww

 

 

 

 

  • 2018.09.20 Thursday
  • 12:53

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback