Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

PTA

学習権

1985年、フランスで開催された第4回ユネスコ国際成人教育会議宣言、「学習権宣言」が採択されました。

 

その一部を紹介します。

 

【学習権】

 

学習権の承認は、人類にとって、今やこれまで以上に、重要な欲求になっている。

学習権とは

読み書きを学ぶ権利であり

質問し、分析する権利であり

想像し、創造する権利であり

自分自身の世界を読み取り、歴史を書く権利であり

教育の機会に接する権利であり

個人的・集団的技術を伸ばす権利である。

 

成人教育パリ会議は、この権利の重要性を再確認する。

学習権は未来のためにとっておかれる文化的ぜいたく品ではない。

それは、生存の問題が決着した後にのみ、えられるものではない。

それは、基礎的欲求が満たされた後の段階でえられるものではない。

 

学習権は、人が生き延びるのに、不可欠なものである。

 

世界の人々が、もし食糧生産や、人間にとって不可欠なその他の欲求がみたされることを望むならば、学習権をもたなければならない。

もし女性と男性がより健康的な生活を楽しもうとするなら、彼らは学習権をもたなければならない。

戦争を避けようとするなら、我々は平和に生きることを学び、互いに理解することを学ばねばならない。

 

「学習」はキーワードである。

 

学習権なしに、人間の発達はありえない。

学習権なしに、農業や工業の躍進も、地域保険の発展も、さらに学習条件の辺変化もないだろう。

 

この権利なしに都市や農村で働く人たちの生活水準の改善もないだろう。

 

すなわち、学習権は、今日の人類の深刻な問題を解決するのに、もっとも貢献できるもののひとつなのである。

 

しかし学習権は、単なる経済発展の手段ではない。それは、基本的権利の一つとして認められなければならない。

 

☆☆☆☆☆

とまあ続くわけですが、長いのでこの辺で。

 

何をかいわんや、それは又の機会に

 

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 18:54

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback