Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

平塚市

台風と平塚 灸屋の周辺状況から

 

まずは、甚大な被害にいまも困難な生活をされている方への激励と、お亡くなりになられた方へお悔やみを申し上げます。

台風直前、SNSで、灸屋周辺地域のための避難情報等を発信していきました。
振り返りとともに、今後の対策となるようにブログに書き留めたいと思います。

今回のた風19号は、雨量が多く、上陸前のお昼頃から、平塚市総合公園(ベルマーレ、Bコルセアーズ、ブレイブサンダース、ベイスターズのホーム、サブホームで有名)西側入口はこのような状態でした💦

友人と排水溝の掃除をして排水を促し、公園管理側に連絡を取りながらどうにか道路冠水は免れました。
この後、土嚢ステーション(市内12か所設置。そのうち一つがここに)からご近所にも、友人と土嚢運搬をしました。
が、長らく放置状態の土嚢は半数近くが土嚢袋が破れて使い物にならず。。。
ステーションには「土嚢が必要な方は土木課に連絡を」と書いてありましたが
「連絡を待つのではなく、ステーションを巡回して補充したらどうか」と市議に連絡し、夕方には補充されておりました。

灸屋の地域は、中等教育学校、大原小学校が指定避難所です。あくまで一時避難扱いなので、毛布や食料の支給はなく、すべて持参です。

ほとんどの住民は来校したことがないので、体育館へのアプローチなど、動画に撮って拡散しました。
体育館へのアプローチは外階段で、滑りやすく、2階に体育館があるのですが、トイレは1階、など、設備的に避難所の適性が疑わしい部分も多々あり、台風前から訴えてましたが。。。それはまた後ほど改めて。

これは、中等の体育館ですが、手前にある、数枚のシートを支給するのが精一杯、あとは向こうに見えますマットを出すか、といった具合に、体育館内にはまったく役立つものがありません、ただ、場所として開放するだけです。

そして今回はとにかく体育館が暑い💦クーラー設置に向けて話は進んでおりますが、避難所のエアコンはマストだと改めて感じました。

情報ラジオとして支給?レンタルでしたっけ?防災ラジオがあります。この画像はお隣、大原小学校ですが、防災ラジオだけでは得られない地域情報があります。

今回はとにかく物資がなく、店舗も危険回避のため軒並み閉店しました。

ただ、避難所近くのローソン中原1丁目店だけは営業しており、搬入も確保されていたので、お茶を差し入れながら、その話を避難所に届けに伺いました。
今回は商品棚から水、パン、カップ麺が消えたとSNSや報道で散見しましたが、僕はこのローソンのおかげでそういった事態は回避できました。

ちなみに、公民館は指定避難場所ではないのですが、どう考えても学校より快適な避難所になるはずなので、今回も伺ってみました。

ところが、昼過ぎから全館閉館という通達があり、早々に閉められました。。。

 

今回の19号、平塚全体としては過去最高の台風直撃ということでの想定より被害が少なく、ここ伊勢原新道も冠水はしたものの、水が引くのも早かったと思います。

で、これはすっかり雨風も静まってからの移動の際ですが、中等から2回目の救急車。。。

外階段で、トイレは1階、と書きましたが、転倒で昼に救急車、そして夜にもまた救急車が来ておりました。。。
ハコモノ行政といいたくはないですが、
『避難所は設置しました、あとは市民が自分で宜しく』
『土嚢は用意しました、あとは市民が自分で宜しく、欲しかったら言ってね』
何度も何度も書きましたが、お年寄りや車いすの方など、どうやって2階の避難所に?
運ぶ体力や動力を使えない人が、どうやって土嚢を運ぶのか?
15号後にも数々の課題が見えたので、自分なりには灸屋も発信していたのですが、特段、改善されることも検討されることもなく、19号を迎え
「だから言ったじゃん」状態のことがだいぶありました。。。
そして自分でも意外だなあと感じたのですが、地域自治防災という機能は、あまり機能してないと思いました。
普段から地域活動は盛んな土地柄だと思っていたのですが
雨の中、友人と二人でびしょぬれになりながら作業してましたが、地域から人が出ることはありませんでした。
教育学を学ぶものとして、つい教育としての見方もしますが
「言われたら(頼まれたら)やります」
という方はひょっとしたらいたかもしれません。
でも、“何が自分でできるのか”を発想する人がいなかったんじゃないかと。
「自分はor自分の家は大丈夫」
という発想はあっても
“ご近所は大丈夫かな、不安じゃないかな”
という発想がなかったのか?
これは、何もしない人への否定ではなく、これまでの教育の在り方が影響しているのかもしれないな、と考えた次第です。
で、あるならば、共同する考え方を、教育によって生み出すこともできると思います。
【いてもいなくてもいい人】
【いたら困る人】
ではなく、
【いてもらいたい人】になる
そういう教育目標が地域にあっていいと思います♪
  • 2019.10.15 Tuesday
  • 10:02

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback