Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

スポーツ

対話力〜話せてナンボ、聞けてナンボ〜

 

我ながら、脆弱なスマホでよく撮れたな〜と自画自賛の平塚風景をup

本分とは全く関係ございません。
関係ないついでですが、どうやらPCモードでは改行や行間の反映がされず
非常に見にくい状態です。
ブログ、全部変えちゃうか、この際・・・と本気で考え中です(´-ω-`)
さて本文に参りましょう。昨今、スポーツ界でパワハラ問題が非常に大きく取り上げられております。
僕の周りにも、競技者、指導者ともにたくさんいらっしゃるので皆さん一言あります。
蹴った叩いた怒鳴った、そんなのは指導じゃない&そんなこと言いだしたら日本中パワハラで解雇だ
その通りでしょう、指導ではない指導がまかり通っていたし、
「やったことある人手挙げて〜」と言ったら
8割、9割がた挙手、「ハイ手を挙げた方全員解雇〜」
ってなることでしょうね今のこの流れじゃ。
僕もそうです、さすがに手を出すことはないですが、暴言はあります、冗談のつもりでしたが
相当ひどいことを言ってたな〜という記憶があります。このような問題が出るずっと以前に自分の問題に気付き
以降、指導する状況では二度とするまいと心に刻んでいます。ほろ苦い後悔として一生残るかな、と。
「理解する」という事はどういうことか?を一つ定義してみようと思います。
それは、「コトバとして変換し、相手に伝える能力を持つ」、事だと思ってます。
自分では理解してるんだけど、それを説明しろと言われると、口下手でなかなか。。。。
という方もいらっしゃるでしょうが、それは口下手じゃなくて、理解度が低いんでは?と僕は言います。
昨今の暴力問題も、なぜコーチは説明して理解を得るというプロセスより、暴力を取ったのか??
言ってもわからない、何度も説明しているのに、と怒りが行動に出ることもあるでしょう
それって相手の理解度ですか?むしろコーチ側の理解度が低いから、説明が伝わらないのでは???
つい先日も、バスケの際に、僕の代わりに各チームへのコーチングを若手に任せたんです
一方は饒舌に時間を超えても説明
一方は何をどう言っていいのかわからないと言った手持無沙汰状態ww
どちらも、選手にとって「??????」な状況です。さて困りましたね、なぜでしょう
指導する際にまずは「聞く」事が大事です。聞かずに客観的な印象を長々話しても、聞いてる方はきょとんとするだけです。
聞いたうえで、問題点は何か?を分析し、
どうしたらわかりやすく伝わるかを考え、
話しながら聞いている様子でまた
理解度を測りながら伝え方を変えていく。
少なくとも、この程度のスキルは使えてナンボです。
その工夫もなしに、相手が聞いてない、理解してないと怒るのは、もはや一人芝居です。
TVで出るのは、日本を代表するような競技レベルの指導者なのでまさかそんな・・・とは思いますが
その程度のことすらできてないのかな????と。
相手が何を言っているのかを聞くチカラ、またそれに対してちゃんと枠に入った内容で、自分の考えを伝えるチカラ
長々と書きましたが
コミュニケーション能力
この一言で済みましたかね??
僕も、能力低いな〜ww
  • 2018.09.14 Friday
  • 10:00

灸屋

じゃ、次は痛みとどう向き合うか

 

灸屋で最も多い相談事と言えば、「痛み」です。

 

苦しいの向き合い方について、前回書かせていただきました

そもそも
という事を考えてたら、死生観まで遡り
「ちょっと何言ってるかわかんないですけど」
とサンドイッチマン状態になった方もいらっしゃるかと(笑)
もうちょっと、具体的に、じゃあ痛みについて今回は少し書きます
痛みという“信号”ですから、まあなんかあるんでしょう
ただ、“信号”ですから、まま、べつにそれはいいんじゃない?
ということもあり。
あの、例え話なので、道交法的に突っ込まないでください(あらかじめ一応)
どー考えてもどこからも車両が来ない見渡しのいい交差点で
幅跳びで跳べるくらいの距離の横断歩道を
信号が赤だからと止まっている人を
讃えるのは日本くらいじゃないでしょうか?
自分で考えて、自分の責任で判断する
世界でリサーチすれば、概ね多数派はコレだと思います。
これ、ヤバい痛み?と病院へ行くのもよし
別に、大丈夫じゃね?とマッサージやスーパー銭湯で済ませるもよし
「いや、よしじゃねえよ汗自己判断は危険だろ」
と窘められますかね?
でも、人間って常に、判断の連続ですよ
大きな病院だって本人や家族の同意なしに手術しないでしょ?
常に自分で判断するんです、最終的に。
それがあっているか間違っているかを決めるのは
その後の判断・行動も含めて、トータルで考えきゃわからんもんです
もちろん、長患い、不快な痛み
あります。どーにかしてほしい、神にもすがる想い
あると思います。
でも、「痛みと向き合って」どうします?信号ですよ?痛みって
原因本体そのものじゃないじゃないですか?注意してみるのって。
交通安全のため、信号を尊重する、守る、いや大事ですよ、でもね
そもそも、どうしてこんなとこに信号あるんだ?意味なくね?もしくは逆も然り
どうして信号がないんだ?危ないじゃないか
ということだってあって、信号が新たに設置されたり、または信号のサイクルが決められてます
身近では、夜になると点滅状態にある信号、ありますよね
時間帯、状況によって信号って変わるんです。
だから、痛みを信号に譬えましたけど、そんなカンタンに変わるものを
なにも「痛み様〜」とばかりに注目しなくていいじゃないですか
痛みとの向き合い方(灸屋バージョン)では
ズバリ「見下す」に限る
原因がはっきりしてる痛み、ハッキリしてない痛み、あります
でも、大事なのは痛み、ではないですよね?
いや!原因なんてどうだっていい、痛くて苦しいんだから大事なのは痛みだ!!
という方は、僕とちょっと意見は違いますね
もし苦しいほど痛いんだったら、僕は原因の方にドキドキします
痛みなんてどうでもいいです、早く治れ汗、と思いますよ?オカシイですかね??
原因がない痛みというのも、実際には多いんです
と言ってここで統計資料を添付するのがかっこいいんですが
興味ある方は調べてくださいww
原因がないならこの痛みは何なのよ???
というあたりから、僕のお仕事もお役に立つ機会が出てくるわけですが
外部から脳に直接電波攻撃されて痛みを感じるようにコントロールされてるぅ〜、
くっそ〜ジョッカーめ!!
という激レアな方がいない限りは、自分で生み出してる痛みなのではないでしょうか??
  • 2018.09.05 Wednesday
  • 11:30

灸屋

夏の終わりに。  苦しみとどう向き合うか

 

「先臨終の事を習うて後に他事を習うべし」

アレコレ最近の悩み事をボンヤリ考えながら、洗濯物を干してましてふと💡
思い出しました。
亡き父が体調を崩したのも、自分が高校3年くらいの頃じゃなかっただろうか?と。
ちょうど今の僕も子どもたちが高校生、で、その頃父はうつでした。
神経がごぼうくらい太いんじゃない??という父のキャラクター的に、最もならない感じだったので
「え、ホントに?」と結構半信半疑でした。
でも今になると、悩みのない人なんていないよね、という事がよ〜くわかります。
僕は東洋医学を多少かじっててw、
いち仏道修行者(あえて信者ではないと言います)として信仰を持つ身として、
生死観を多少、知識としては持っていたりしますが
そりゃ死にたくもないし、かといって生きながらに苦しむのも勘弁してほしい、
と思うわけです。
凡夫(一般ピーポー)ですから。
ですが安直に「笑う門には福来る、笑ろとけ笑ろとけ〜♪」と
パーリーピーポーになれるかっていえば、それも。。。
この仕事も、信仰も自分のためであり、その自分が一番安心できるのは、
自分以外の周りと僕がどっこどっこいの幸せな環境に
ちゃんといるってことですので
苦しいな〜辛いな〜ということに、向き合うために皆さんにも、
もし少しでもお役に立つなら
僕なりにいまのところ腑に落ちてることを、ほんのひとつ紹介すると
「人はいつか必ず死ぬ、っていうところからスタートして考える」
最上部に書いた、アレです。
ちなみに僕ら夫婦の両親はみんな死んじゃいました、
父方の兄弟(オジサンオバサン)も9割がた死んじゃいました。
次は僕の代です。
うそ〜ん、次俺死ぬじゃん、そうです、例外なく死ぬんです。
・・・・・さて
じゃ俺はどう生きよう?♪
って考える自分がいます。
こんなに立派に育ててもらって、ちゃんと幸せになって死なないと、
あの世で親に叱られちゃうな(´-ω-`)
って、思えるんです。
ま、ローテーションもいろいろ事情があるでしょうから、
入れ替わりであの世に親はいないかもしれないですけど(笑)
皆さんの周りでも、お先祖様が行ったり来たりしてた夏だと思いますが、
「いつかは死ぬ」
からまるっきり目を背けるよりは、ご先祖さまや家族に、感謝も出来ると思うんで
その“いつか”の前までに、どうしよう♪俺どうしてやろうっかな〜♪と
イキイキ出来たらいいなと思います☆
  • 2018.09.03 Monday
  • 22:53

-

市民総体バスケ男子優勝と

今年は富士見地区に勝って優勝♫


近年、不動の最強地区富士見なので、これはまた格別ですね、関係者の皆さんおめでとうございます&お疲れ様でした\(^o^)/



…とまあ勝てるに越したこともないんで、どうせ勝てるなら勝ったほうがいいんですが



市民総体の勝利には競技に並んでもう一つ大事な要素があります。


町内は、「スポーツを通じて交歓出来たのか?」です。


正直、ここらへんの部分では、まだまだ富士見地区に勝ってる感触はないです。



中原地区は若手がだいぶ頑張って試合を成立させてくれましたが、世代を越えて、スポーツ交流を拡げていくためにはまだまだ、市民総体そのものの意義を高める戦いに勝利しなくてはなりません。



昔から主張していますが、トーナメント戦ではなく、リーグ戦方式で、多くの地区が対戦して交流するカタチにして、勝率で順位をつければいいと考えてます。


単なる勝敗だけに終始し、人材が集まらなければ1回戦早々に敗退で解散、もしくは人数不足で不参加になり、市民がスポーツを通じて交流する意義が全くなくなります。


あらゆる地域行事が今、再編縮小の流れにあります。ズバリ人手不足です。


なくすことは簡単です、手間だから負担を減らす、行事が減れば手間も減ります。




でも、なくしたものを、やっぱやろうよ、という時の手間は、ゼロからよりさらに厳しいスタートになるのは必至


そもそも人と人との関わりは手間だし面倒です。


でもそれが無駄かどうかは別の話。



地域の可能性、スポーツの可能性をムダにしないためにも


今後の市民総体には今よりさらに参加しやすいカタチにしていきたいなーと思います



  • 2018.08.30 Thursday
  • 22:35

-

これはありがたいマッサージオイルのリニューアル

灸屋、長年ヴェレダを愛用してますが、ポンプがつきましたね


お客さん的には影響ないんですが、オイル使用の際に液垂れが気になり


これで解消されそうです♫


今日は久しぶりに酷暑の中休み、肌の疲れもこれで癒やされますよー

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 11:29