Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

トモヤの話



知己のお客さん宅にて

父の思い出話が広がり思わず長居してしまいましたが

古き良き友の絆の話を拝聴しながら

ふと、我が地域の事が思い出されました。


勝手な想いではありますが、我が子と同じく、我が子の友人もまたかわいい息子娘のような気持ちもあり


そういえば一年前の冬

進学という現実からプラプラと逃げながら群れている我が子と、我が子の友だちを家に呼んで、ミッチリ説教しました(笑)


成長すると居場所も変わり、各々新たな友人、社会が広がり、以前よりも見かけなくなりましたが


hoodがあるということがいつのときでも支えになると思いますし

我が子と、その仲間たちの原点となるべく


私も死ぬまで元気で、この地に根を張りやっていかねばと

気持ち新たに決意しました?


またいつでも説教出来るように(笑)
  • 2016.11.24 Thursday
  • 21:03

たまーに調理担当



クックパッドという優れものには毎回感嘆です

その通りに従うだけで美味しいものが作れます?


ただ、ニンニクの減り方が半端ではないので


無意識にニンニク満載のレシピを選ぶ傾向があり

ニンニクが利いてる=美味しい


としている感は否めません(笑)
  • 2016.09.13 Tuesday
  • 15:35

喪中

ビックリするほど時間が流れてますが、1日に義父がなくなり、間もなく2週間、お盆になっちゃいました((+_+))

近況報告をと、思ってましたが、blogはひと手間多いせいか?つい遅れてしまいます。

せっかく遅れたので、まとめた話を。

その日の午後には医療マッサージをして元気に別れたのですが、その数時間後に義父が亡くなりました。

全く突然の事でしたが、いいのか悪いのか?父母を見送った経験が活きまして、葬儀は、灸屋を育てて頂いたといっても全く過言ではない、相馬さんの創業された「へいあん」さんでお世話になりました。

カルチャーBONDS平塚

 


妻も社員の皆さんの対応に大変感動してました、創業者の心が社員皆さん一人一人まで行き渡っているサービスだったと。


最後に家族を送り出すセレモニーだからこそ、最良の選択ができたと感謝してます。

また、我が夫婦馴染みの仲間たちが多数、葬儀や自宅に駆けつけてくれたことは、本当にありがたい事だし、感謝に尽きません。

確かに妻とも顔馴染みではありますが、友人の?嫁の?父、という関係で、こんなにも多くの仲間が顔を出してくれたことは、ウッカリ考えたら号泣並の感動がありました。

義父も慣れない平塚に来て、心中どうだったかなーと思いますが、きっと新たな縁に触れてきっとまた素晴らしい人生の舞台で活躍してくれると信じています。

僕も、最近友人たちとは自身の健康や家族の病気の話が絶えません、そういう世代になりました?

常に先駆の使命を持った自分だからこそ、皆に役立つアドバイザーとして勉強し続けていきます

  • 2016.08.13 Saturday
  • 10:53

我が家にも横乗り系



板系スポーツに無縁な我が家でしたが

息子がにわかに横乗りlifeを期待するようになり


誕生日プレゼントをしました?


バイトして買えばいいんじゃないの?


と、早く働けとせっつきながらも

一緒に遊んじゃうあたり、あまちゃんですかねー(笑)
  • 2016.06.29 Wednesday
  • 09:27

平成27年度中原中学校卒業式祝辞全文



平成27年度卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
3年間、ご指導を頂きました先生方、保護者を代表して
御礼申し上げます。
また日頃より子どもたちを見守って下さる来賓の皆様はじめ

地域の方々にも厚く御礼を申し上げたいと思います。

特に、今年度は私も卒業生保護者の1人として、無事この日が迎えられたこと、この3年間の健闘を、
お互いに称えあいたいと思います。保護者の皆様、本当におめでとうございます。
振り返りますと、PTA活動、地域活動に加えて、
外部指導者という形でも卒業生たちと多くの交流がありました。
スポーツ指導を通して伝えてきたことは、これからの長い人生に向けてのことでもあり、
ここで卒業生の皆さんにご紹介させていただきたいと思います。
 
部活指導の際に、よく発していた言葉は
「諦めるな」
でした。
勝つか負けるか、その分かれ目は、自分の心、一念次第だと
言えます。
有名なことわざに「決意あるところに道あり」とあります。
かのナポレオンは「前進したいがアルプスがあって進めない」という報告を受けて、何と答えたか?
「それならアルプスをどけてしまおう」といったのです。そして、
それまで誰も近づかなかったサン・ベルナール峠を切り開き、
有名な「アルプス越え」を断行し、勝ったのです。
 
簡単な方法を選び、言い訳を作り、諦めてしまう事は
簡単です。結果としての勝ち負けは当然ありますが、
取り組むからには何事も勝つためにやるべきです。
 
そのうえで、最も大切なことは、自分に負けない、諦めないことです。
諦めずに苦闘する中で、本当の、達成感、充実感、幸福感が得られるのです。
難しい話かもしれませんが、究極的には、何があっても、揺るがない幸せになることが、
人生における最終的な目的であり

 
そのために、自分を磨き、向上させていくこと、
たゆまぬ挑戦と努力の連続に堪える、諦めない「心」を
育てることが大切なのです。
 
「もうだめだ」というつらい状況にあっても、
それに負けることなく
1歩前へ進みだそう
その勇気の1歩、それが人生における勝敗を決するすべてです。
 
そして心と同様に、人生を豊かにするうえで大切なのが、
自分が今いる場所です。
自分だけの幸福、自分だけの満足というのはあり得ないのです。
家族、学校、地域、社会の安定があってこそ、安心して生活できるのです。
だから、自分が幸せでありたいと思うならば、まず他者の幸せを願うべきなのです。

「汝須く、一身の安堵を思わばまず、四表の静謐を祈らん者か」
 
これから皆さんはそれぞれの道へと進んでいかれるわけですが、
君たちが行く場所が素晴らしいところとなるかはすべて、自分次第です。
 
この中原中学校での3年間が、素晴らしい思い出に彩られた日々であるならば、それは自分たちがそう願い、
素晴らしい場所で
あるために君たち自身が尽力したからに他なりません。
だからこれからも、中原中学校で過ごしてきた日々と同じ心で
 
育てていただいたご家族、励まし合い、助け合ってきた仲間を大切に

これから出会う新しい仲間たちも、同様に大切に

頑張る自分、頑張れない時の自分も、大切に

自分も他者も、同じように、1人1人を大切に
 
その大切な人たちを囲む学校、地域、社会が幸せであるようにと、
そう願える人、尽力できる人になってください。

 
これは、昨年度の卒業生に贈った言葉と同じ言葉ですが、
最後にこの言葉を皆さんに贈りまして卒業生へのお祝いの言葉とさせていただきます。

 
 
人生の真の「充実」をどう自分でつくるか。
どう自分が動き、実感するか。
それが大事である。
人に言われてではなく、みずから目的を創り、

あえて困難に挑戦していく。
努力を続けていく。
その中でこそ、自分自身の「能力」も「人格」も

大きく開花していくのだ。
 
中原中学校で培った大きな経験を糧に、
勇気ある人、行動する人としてさらなる活躍を期待しております。本日は大変におめでとうございました。



 

 
  • 2016.03.14 Monday
  • 22:13