Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

先輩の遺志を継ぐ

 

大変お世話になった大先輩の同志が亡くなられました。

 

諸般事情もあったようで、臨終に際し、焼香の一つもあげられませんでしたが、毎日、題目を送らせていただきます。

この方は、大戦後、シベリア抑留を体験し
僕や地域の方にもその時を話をしてくださいました。
特に、この「永遠のゼロ」を小説で読まれた感想を、手紙にしたためてくださり
それを読んだときに、僕はこの言葉を語り継がなければいけないと固く誓いました
多くの仲間が死んでいった
敵の銃弾にやられたんじゃない
無謀な作戦
上官の理不尽な暴力
身内に殺されたんだ、と
戦争は人を狂わす
もう二度と絶対に戦争はおこしてはならない
世界平和は、自分の足元の平和から
僕も先輩のように、笑顔で、地域の平和のために生きてまいります
安らかに
そして英気を養ったらまたすぐにもどってきてくださいね、一緒に戦いましょう
  • 2019.03.22 Friday
  • 08:20

灸屋

勉強しておけばよかったという夢

画像加工ではなく、撮影者の技術のより奇跡的にほどよくブレブレなのでプライバシー保護が効いております。

晩年の父です。
妹のバージンロードを歩くために、わたくしの鬼のようなしごきリハビリに耐え
無事大役を果たした2か月後に他界しました。
わが父ながら有言実行、天晴れな一コマです。
先日、そんな父も登場する夢を見ました。
父もいて、家族もいて、みんなの前で、もっとちゃんと勉強して、まっとうな普通の勤め人になっていれば
こんなにみんなを苦労させずに済んだのに
という悔恨の思いを募らせている自分、という夢でした。
自分がいま大学で学び、いじめ撲滅のために学び
何かを取り戻すように学びを求めているのは
あ〜、かつて学ばなかった時間を取り戻そうとしているのだな、ということが改めて感じました。
どうにか後追いでも人並みに学び
人様の役に立つような人間になる
そういう姿を見せたいんだな〜と。
そういえば、父も結核で大学を途中で断念したんじゃなかったかな??
自分も一度中退で裏切っているので、なんとか学士取得し、親の恩に報いる報告ができるようにしたいと思ってます♪
  • 2019.02.26 Tuesday
  • 23:57

灸屋

正月の過ぎ去る速さったら

「2018年があっという間だった」

 

というお話が各所一様でした。灸屋も本当にあっという間の一年だったなーと感じました。

 

 

その勢いのまま、1月のスタートからまた10日までが過ぎるの早いこと早いこと💦

 

三連休でようやく一呼吸できるかなーと思いきや雪の予報🌨️

 

空気冷たくて深呼吸したくないな〜ww

灸屋は割と身近に死生観を保ちつつ仕事をしています。
病気や、高齢の方にもNGどころか積極的に(無理やりではないですけども)話をします。
それはつまり、根源的な悩みのもとが、「死んじゃうかも」という不安や恐れだったりするからです。
死ぬのが嫌だ、だけではなく、死ぬにあたってのやり残しがないように、とか、身内に迷惑をかけないように
など様々ではあると思います。
「仏法を基調としています」と明言している以上、灸屋は「大変ですね〜」の一辺倒で避けては通れません。
結婚して20年、末娘が10歳、喜びと、自らの老いが同時に進行しているわけです。
普段は意識したり、考えないようにしているだけで、時間は刻々と流れているわけです。
平穏無事、事なかれと(今の時代何事もなくなんてそれこそ死語ですが)あっという間の時間であれば楽ですけど
そうはいかないです

それでもまた1年を刻んで、ありがたい、めでたいと考えるとするならば、それは自分一人の時間ではなく

 

人と人とがヨコにもタテにもつながり、生命というものが連綿と続いていくものなんだ

 

と考えてようやく腑に落ちると考えてます。

 

 

これからますます時間はビュンビュン流れていく時代になっていくのだろうと思いますが

 

 

それでも、

 

一瞬一瞬を大切に

 

一人を大切に

 

灸屋は「お互い様」を大切にしていきたいと思います

  • 2019.01.12 Saturday
  • 14:13

灸屋

いじめのない社会へ

http://be-a-hero-project.com/

 

基礎コースは昨年すでに履修済で、ステップアップ講習を今月受講します。

 

「はりきゅうマッサージといじめに何の関連が??」

 

と思われるでしょうが、わたくし現在も通信教育学部に在籍し、教育学を学んでおります。

 

 

「いや、だからはりきゅうマッサージと教育と何の関係が????」

 

 

教育というと、学校の先生にでもなるんですか?という発想が出てくるのではないかと思いますが

 

 

教育も様々で、灸屋は学校教育だけではなく主には“社会教育”というものを学んでおります。

 

 

世の中にあるおよそのことはすべて網羅していると思います、家事育児の方法から会社での仕事

 

子どもたちの遊びからすべてがに“学ぶ”という要素があります。

 

 

 

灸屋は、お客さんの健康に従事する仕事ですが、「健康」ってのは単に病気であるなしとかだけにとどまらず

 

QOL(クオリティオブライフ、生活の質)にも大きく関係してきます。

 

 

大なり小なり、普段生活されている環境、社会と密接に関係しているのです。

 

 

例えば腰痛が治らない、姿勢かな〜?なんて思った灸屋の門を叩いて、話をよくよくしてるうちに

 

会社でとんでもないストレッサー上司がいる

 

という環境因子があったりして、そうすると鍼刺すよりももっと有効な解決策はむしろ環境にあるはずです

 

 

それって、教えてもらわなければ関係あるなしもわからないし、じゃあって言って上司を訴えて飛ばすこともできない中で

知恵を絞ったり、いろんな変化を起こす、ってのはそれ「学習」っていうんです。
拙いたとえですが、様々な事例がモチロンあって
究極、「人間とは」という永遠の問いをしていかなくてはいけない、と、灸屋は思うんです。
なので、教育を学ぶ、という必要性を感じて勉学に励んでおりますが、目下の悩みは
レポートが進まないことと、学費を経費にしてくれ、ということです(涙)
ま、そういうわけで、社会の問題は我々の問題、家庭にも職場にも構造上、いじめが潜むことが非常に多いのです
地域の中にあって、子どもたちを守るためにという第一義は当然のことながら、ではどうすれば?という学びを求めて
こちらの講習を受講しております。
子どもはもちろん、我々も地域の、家庭の「ヒーローになる!」と決意してみませんか?
世の中ってそんな小さな決意から変わっていくと思います
  • 2019.01.08 Tuesday
  • 10:55

灸屋

灸屋のキャッチコピー「1人を大切に」の意味

 

灸屋は、頑なに完全予約、1人への施術を貫いております。

 

妻が現場に入り、ベッドは2台になりましたが、同時進行はないです。

 

必ずマンツーマンです。

 

ま、ごくまれに例外的に、家族や親友同士と言ったペアでのオーダーもありますが

 

そもそも、お客さんの方が、それを望まないです。

 

 

多くの痛みや悩みごとの誘因として、ストレスが大きく注目されておりますし、単なるブームではなく

 

おそらく根源的にはストレスが多方面に影響するという事実が科学的に解明されてきた、という途上段階なのでしょう。

 

 

薄いカーテン越しに、見ず知らずの他人がいる、もしくは知らずにご近所さんがいるかもしれないのに

 

悩みごとや愚痴を吐き出せますかね??

 

 

人様の健康に携わる生業としても考えることろありまして、病因の外来では確かに分刻みで様々な方を対応されます

 

 

でも、手術のときに、カーテン越しに患者並べてあっちこっち行き来して執刀します??

 

 

広い世の中ですから、ケースバイケースでないとは言いませんが、滅多にないですよね。

 

 

1人に向き合うってことは、それだけの心労を伴うものです。

 

 

真剣な1人が、物事を変えていく力がある、そう信じております。

 

 

 

 

 

 

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 09:43