Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

灸屋、大いに売る


今月末に開催される予定だった写真展のポスターを、看板の上に貼ってました。

中止となり、泣く泣くポスター剥がすと両面テープが「え、なんで?もう剥がすの?まだ開催されてないよ、ちょ、待って!イヤだー!」

…と引き剥がされる事に贖うようにベッタリくっついちゃってます(´・ω・`)

思えば、直近の投稿を眺めても、およそ鍼灸マッサージ店の広告宣伝媒体としての役割、効果を感じない


のは気のせいではないんじゃないかと(-.-;)

亡き父は計算が早く、商いに関しては天才的スピード感がありました。

どうした遺伝子のイタズラかはわかりませんが、これっぽっちもワタクシのカラダには引き継がれてません(笑)


ただ、正しいことが何なのか?を恒久的に識別する嗅覚みたいなものは、どうやらあります。


灸屋の商品は自分だから、自分の人となりを出す、それが灸屋を知っていただく鍵となる

と考えたので、長く、そしてくだらないよもやま話含めた日記的ブログが長年続いてます。

また、過去にはこうも言いました。別に、灸屋が治してるんじゃなく、治っちゃうんだと。

治るチカラを高めるために、後押しする、手当しているんだと。


小さな灸屋がそこでニッチに食いっぱぐれないためには、引き出しを持つこと、様々な角度を持つことだと考えてます。


同じ話でも、聞いて納得できる相手とムカつく相手がいらっしゃいますでしょ?(笑)

話が入りやすい角度と、理解しやすい引き出しを幾つも持つことで


存在価値があるかなと


と、ここで自分の人間力が問われるので、磨くために大学に学び、地域に学び、バスケにうつつを抜かしているのであります(笑)


開業から16年、もう16年、まだまだ16年。

現状の3倍4倍、いや10倍仕事をしてもまだまだです

これからこそ、混迷の時代にあってこそますます求められる灸屋であるように


日々研鑽

健康第一で


邁進します

  • 2017.09.22 Friday
  • 12:36

環境とモチベーション

昨日、実子ではなく地子(我が子同然の地域の子どもたち)から、部活動の現状をつらつらと聞いて、自分なりの見解を伝えました。

 

自分なりに問題点を把握し、どうするべきかは自分でわかっているんでしょうが、話しながら整理してるんだと思います。

 

 

今朝は、久しぶりにつけたTVで、万年ビリの小学生チームがアスリートにコーチされて初勝利を挙げるという番組をやってました。

 

 

 

スポーツという娯楽でさえ、環境によって随分と子どもたちの状況は違うようで、環境を創造できる大人の責任の重さを改めて感じた次第です。

 

 

 

特に、上記2つに共通するテーマとして、レギュラーメンバーではない子のモチベーションの在り方について、考えさせられました。

 

 

テレビ番組では、試合に出れなくても、声援がチームの力になる、だから頑張って声を出そう、という話でした。確かに状況によって全員に出場機会がない場合もあります。小学校高学年の試合に、ベンチにいる低学年が出るというのは考えづらいです。

 

その場合に、声援で試合にチームとして参加する、という、何かの形で参画するというのはあり得ます。

 

ただそれでさえ、僕から言わせれば、応援する時間があるなら、低学年同士の試合を組めばいいんじゃないか?と思うわけです。

 

 

地子の相談というか、よもやま話もその類で、レギュラーメンバーと、セカンドメンバーの意識の違いという問題でした。

 

 

高校の部活でバスケ部、と言えばだいたい20〜30人が部活動に所属し、多いところでは7〜80人という学校もあります。

 

その中で、3年間で絶対に試合に出るチャンスないな、という子が、どうモチベーションを保つか、それも、チームのために声を出せとか、滅私奉公みたいなことではなく。

 

 

他競技でもある話ですが、例えば野球もそうですね、大所帯で、多くの子どもたちの滅私奉公によって勝利に向かって一致団結と言った感動話が、テレビでもよく取り上げられます。

 

子どもたちの取り組みと、一生懸命な姿にはウソはないと思いますが、競技環境を創る側が、もっと多くの子どもが協議参加できる環境づくりを考えるべきじゃないのか?と常々思います。

 

 

球拾いや、喉がつぶれるほど声を出すのが好きでチームに入った子がいるとは僕は思いません。応援が好きなら、応援団やチアに入るはずでしょ?

 

 

その競技が好きで、やりたくて入った子が、ほとんどだと思うんです。

 

 

通常のリーグ戦の運営でも手一杯というのが、どの競技種目でも同じではないかと思いますが、それでもなお

 

1人でも多くの子に競技参加が可能となる、仕組みを創るべきじゃないかと思っております。

 

 

3年間ベンチでした、なんていうことが、なくなればいいなあと思っております。

 

 

 

 

  • 2017.09.16 Saturday
  • 10:52

灸屋

鍼は太いと細いはどちらがいいのやら?



ちょっと思いつきでつぶやきを。

鍼は太いほうがいいのか?細いほうがいいのか?

実は、僕自身も、人によって違う教え方をされており

「細い鍼が使えたら一人前」と
「太い鍼が使えたら一人前」の

両方を言われました(笑)

え、どっち?


と思いましたが、今は単純に


満足してもらえたら正解


に落ち着きました。

 

 

補瀉とかいろいろあるんですけども、どっちかに寄るよりは、なんでも使えた方がイイな〜と。

 



ちなみに、太いと痛い?と気にされる方もいますが


太さよりは、刺鍼する部位とか体調とか

あとは刺す人のやり方かな

刺激についてはそちらのほうが影響あるかと思います。

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 09:07

平塚

はらっぱ?



灸屋にして珍しく、プライバシーを考慮し、これは開催前の場の状況ですが、ガレージでこのようにパラソル出して、ご近所さんと地域友好のパラソルを開かせました☆

何事にも、テーマと表題があると盛り上がると、根拠なく信じて疑わないワタクシは、この、ユルい集まりにもネーミングを模索してました。



そんなに暇人でもないんですが、やりたくなる性分なんです。


地域的には中原、学区は大原なので、「原」を活かし、そこに集うパパさんの会という事で


“はらっぱ”と名付けました。


我ながら可愛らしく微笑ましいネーミングに成功したと自画自賛してます。

「お父さん、また灸屋と飲みに行ったよ」などと子どもにチクられようものなら、お父さんの立つ瀬もありません。

「お父さん、はらっぱ行ったよ」

あら、不思議。なんとも柔らかいニュアンスに様変わり。

コピーライティングの勝利とはこのことかと。


記念すべき第1回は、お母さんも子どもも混ざり、実にアットホームな時間が過ごせました。


てなことをブログに書いてる事自体やや矛盾もありますが、やはり人間、SNSだけではなく直接顔を突き合わせ、杯を交わしてこそ真の友好も広がるものだと


飲みニケーションが大の苦手なワタクシですが、実感しました。


いや、酒は必須ではないですよ、あくまでFACE TO FACEが大事だという話です。


つい、居酒屋でエロ談義や世間のニュースネタで馬鹿騒ぎして虚しく時と金を消費しがちな第二次ベビーブーム世代の我々です(そんなことないわ!って方失礼)が


@home、@Communityな歓談の場の素晴らしさに気づけたナイスな企画でした


引き続き継続していきたいと思っています

  • 2017.09.04 Monday
  • 09:42

平塚

市民総体からアイサツタイム始動まで

ご無沙汰しております、FBではまったく久しぶり感はないと思いますが、ブログの方は本当に久しぶりですね。

 

近々の話題として、20日に第66回平塚市民総体バスケットボール競技が開催、我が中原地区は男女ともに初戦で惜敗に終わりました。

 

ただ毎年ですが、広く世代を跨いで地域友好を深めるという、根本目的においては連覇しており

 

今年も大勝利で(我が地区は)閉幕しました。

 

ここで、ビールでも飲んでぐっすり寝れればいいのですが、日曜という事で夜は中原中体育館を開放するために

 

 

大人は誰も来ないよな〜と思いつつ、体育館に向かいました。

 

 

思った通りの子どもだらけ体育館でしたが、この日から、かねてより宣言していた「タイムテーブル制」と「アイサツタイム」導入の最初の日としました。

 

 

バスケ関係でない方にご説明をしますが、通常、何らかのスポーツで体育館を借りるという場合に、単位は「チーム」「サークル」等、あらかじめ限定されたメンバーでの利用というのが常です。

 

バスケットボールも当然、チームとして体育館を借り、ユルさキツさの差はあれど、「練習」をします。

 

 

我が中原地区では、地域体育振興会の元、チームではなく、「地域」に向けて開放しております。

 

もちろん、私が管理者を拝命し、ある程度の方向は示しておりますが、基本的に自由な参加、自由な内容として運営してきました。

 

 

そのなかで、以前にも投稿しました「あいさつ」についての問題が浮上しました。

 

 

考えたのは、自由というのは、いささか不自由なものだな〜という事です。

 

 

自由と言ってもコートの真ん中でお菓子拡げてお茶会していいわけないですし、結局は「こんな感じ?」みたいな雰囲気を読むしかなくなってしまいます。

 

これは、酷だな〜と。

 

そこで、管理者として責任をもって「ここはこういう場所です」ということを、もっと明確にしていこうと思いました。

 

 

何時から何時まではこういうことをやります、という「タイムテーブル制」を導入し

 

 

「アイサツをしっかりしましょう」ということを毎回様々工夫を凝らして、自発的なあいさつが定着していくようにしていきたいと思っております。

 

 

 

よりよい人間関係の創造的空間

 

というとおおげさですが

 

 

中原地区のバスケから発信していけたらいいな〜と思います。

  • 2017.08.21 Monday
  • 11:57