Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

祝5周年!



本日11月18日は豊原町から中原に移転して5周年となりました。

この場を借りて御礼申し上げます、ありがとうございます!m(_ _)m


…先週気づきまして(。・_・。)

全く、なんの企画もなく、この日を迎えました。。

結構、いい区切りですよね、5周年って。

こんなキッカケを活用する事なく、記念日が流れていく…嗚呼、灸屋


何処かで見かけましたら過去形で良いので

「5周年だったんだよね」


と言ってやってください


灸屋、ぎこちない笑顔でお答えします(笑)
  • 2017.11.18 Saturday
  • 08:51

灸屋

灸屋より緊急お知らせ


なにー!!!

灸屋、リアルガチに先程気付きました


今月11月18日土曜日


灸屋、中原移転5周年でしたー!


マジかー!!!

区切りがいいのにまたなんにも考えてなかったー!!!


  • 2017.11.07 Tuesday
  • 21:29

灸屋

認知行動療法って

来月はまた心理学の受講で大学に行きます。
心理学って言いましてもなかなか多岐にわたるというか…

春にさかのぼって、「履修登録をもう1回考え直せ」と言いたいです…やる気が前に出過ぎて履修科目多すぎました(笑)タスケテ( ゚Д゚)


さて、表題の件ですが近年、痛みを精神面からアプローチする「認知行動療法」が注目され痛みの治療に取り入れられています。

そもそも「痛み」にも定義がありましてカンタンにまとめると

ゝ淦疼痛
∨性疼痛
心因性疼痛

に分けられます。
急性疼痛ってのはケガした→痛い、というような、まあそらそうだわ、って言う(笑)痛み。

慢性疼痛は読んで字のごとし、長期に渡って持続する痛み。急性疼痛をフツーとするとイレギュラーと言うか。怪我は治ったのにまだ痛い、ナニコレ?みたいなのがそれに当たります。

心因性疼痛は、痛みの原因となるものがない、怪我などしてないのに痛みがある、というような状態で文字通り心因性の原因があるとされるケースです。

あんま難しいことは灸屋っぽくないので大ざっぱに言いますが、2003年ごろに精神的な苦痛を受けると、カラダに痛みを受けたときと同じ脳の部位に反応がある、という研究が発表されたことが、今日の認知行動療法などが痛みの治療として取り入れられていった起点になったのかな〜?と思います。

 

 

 

仏法ではこれを「色心不二」と説いています。

 

心とカラダは別物ではない、一体であるといいます。

 

僕は研究論文、さらにそれが英語だったりするともうめまいがしてしまいますが(笑)

 

「色心不二なんですよ」と説かれた方がホッとするというか、そっか〜、そうなんだと安心できます。

 

 

灸屋も、痛みに悩む方にどう説明しようかと、悩んで口数ばかりが増えますが(笑)

 

 

人間は「色心不二なんですよ」と、それを聞いて安心されるよう、優しく説いてあげれるようになりたいです。

 

 

 

 

 

  • 2017.10.26 Thursday
  • 09:31

灸屋

今年は早めに開始!



灸屋カレンダー2018版配布スタートです!

毎回、先着順です

ご贔屓さん優先とか、考えてはいるものの、毎回申し訳ない事に行き渡らないのが実状(汗)

早めにお知らせしますので、早めに灸屋お越しください?

年末にはもうなくなってるかも?です
  • 2017.10.25 Wednesday
  • 20:26

灸屋

選択と決断の勇気



昨日は久々の陽射しを満喫しに公園へ向かいました。

今朝はまた天候が崩れたがゆえに、なおさら昨日の選択の貴重さを感じます。

あ〜、運動できてよかった?


仕事の方では実に悩ましい選択の話もありまして(´・ω・`)

灸屋は、鍼灸のみ、マッサージのみという選択の方に対して時間や費用を分けて承ってます。

これは、おおまかではありますが、ニーズに対して適正なサービスを適正な価格で提供しようという灸屋の意志です。


ですが、その選択の中にもまたさらに細かな選択が生じます。

ネギラーメンのネギ抜きで、みたいなことも現実にあり得ます(笑)


それがお客さん側の好みや、体質等々の話であれば全く灸屋サイドとして問題なしです。

ただ、体調や体質等を伺い、こちらでアリなしを判断する場合もあり、これが先程のネギラーメンのネギ抜きみたいなことも

なくはないんです(汗)


昨日は鍼灸希望のお客さんに対して、鍼を抜きました。

状態に適していないと感じたからです。

これが実に難しいです、アレコレやるのは手間ですが簡単です

やらない勇気


いまだにコレだけは本当に自分の判断の成否を何回も反問します


天気の話のように、ああ、やっぱり決断して良かったとあとでさらに感じられるように


勇気を出して決断してます
  • 2017.10.19 Thursday
  • 09:28