Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

一年の締めくくりに反省と展望

静岡に行きました。

 

スマホカメラ性能の問題なのか、三保の松原で撮った富士はあまりに小さく(笑)

 

帰りに助手席から撮られた富士はあまりに大きく

 

どこかはわかりませんが、そんな道中、車窓からの一枚です。

 

雄大な富士を望みながらそろそろ一年の振り返りをしようかと思います。

 

 

 

 

おっとその前に、年末年始の灸屋は、箱根駅伝を応援に行こう🎶くらいの予定であとは、

 

 

ほぼ通常営業です(笑)毎年のことながら。

 

 

さて、灸屋として年末に感じた来年へのテーマ

「言葉の力」と、

 

「自分のやるべきこと」

 

 

です。

 

いじめについても学んだ一年でしたが、言葉の暴力、これについては身をもって感じました💦

 

悪気はない(と思いますが)言葉に、自分も心をえぐられる経験をしました。

 

これを、「悪意はないんだから“捉え方の問題”だよ」とするのは、立派な暴力なんだと、

 

私も暴力を受ける側としておそらく初めて意識しました。

 

 

言葉を生業にしていると思っているので、これは自分への注意を促されたんだと捉えていこうと考えてます。

 

 

 

 

もう一つ、自分のやるべきことについては、端から見たら迷走ではないか?というくらいアチコチに手を出して

 

収集ついてないとお叱りを受けるかもしれません(笑)

 

 

仕事についても、ある程度の経験を積み、変化も少なくなることに安定という名の惰性ではないのか?と不安が入り交じります。

 

 

果たしてこんな調子でよいのか?

 

成長という変化をなくしたら停滞だぞ❗と

 

 

 

惰性を排する戦いをしなくては、と気持ちを新たにしています

 

 

前にも書きましたが我々の仕事も、技術や知識の時代ではない、と思ってます。

 

相変わらず、世間というか業界というか、技術やノウハウの喧伝が多いですが、僕はそういうものが最も重要なことだとは思っておりません。

 

 

 

 

お茶飲んで話して相手の問題が解決するなら、それでもいいとさえ思っています。

 

 

人数が居ない分、コンテンツの幅、つまり引き出しをどう増やすか?

 

それは人間力の追求であると、だからこその教育学です。

 

 

大学の勉強も停滞していますので(涙)

 

 

心新たに、2020年を迎えたいと思います✨

 

 

 

 

 

  • 2019.12.23 Monday
  • 15:12

灸屋

そーいや仏様が言ってたのが

「誤解して損するのは誤解された方ではなく、誤解している方」



間違いを正すというのは一見すれば正しい事のようですが


誤解してしまってる時って、話にしろ文章にしろ雰囲気にしろ



読めないコンディションな訳で


そんなときに頭ごなしにそうじゃない‼️


と言われても、無理ではないですか



待つことも勇気



対話も、キャラクターも含めて仕事してる以上



忍耐というの名のヒートテック着てレッツゴーです🎶

  • 2019.12.20 Friday
  • 18:34

灸屋

温灸ニューアイテム登場

なんだこれ?


気になってしょうがないので納品しました(笑)



説明が書いてある面を撮りました


タイ式マッサージにそのルーツがある、「ハーブボール」のもぐさバージョン


ということです♪


さすがの小林老鋪さん、ひとつひとつのクオリティがレベチです



説明通りに暖めてみたら、どうやら10分程度は温かい



局所的な利用であれば充分


美容や健康情報に敏感なアンテナを持っておられるヤイトヤーの方もたくさんいらっしゃるので



ご意見頂きながら有効活用してみたいと思います🎶

  • 2019.12.09 Monday
  • 12:46

灸屋

読解力は低下しているのか??

 

松本人志も嘆く読解力の低下 女性自身

https://jisin.jp/domestic/1807204/

 

こういう記事がありましたが、先んじて、PISAテストの結果で

 

http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2018/01_point.pdf

 

 

という元ネタがあります。U-15(15歳以下)での調査結果とありますが、いやいや、子どもだけでもないぞ、という話題の記事でございました。

 

それと、読解力低下の原因としてSNSの普及や読書離れ、も挙げられておりました。

 

僕も、我が身とその周りを振り返ると、子どもだけが読解力が低下しているわけではない、というのは同意です。

 

SNSでの短文が読解力低下の原因ってのはちょっと。。。それなら平安時代とかすげーダメじゃん💦って思うんですが・・・

 

「和歌とか短い文章ばっかやってるからダメなんだよ、文化レベル低いな〜」、って言いますかね??

 

 

 

このテストも2000年からスタートしているので、最近のデータです。

 

そんなに深く洞察してないですけど、これってコミュニケーションが活発になってきた裏付けなんじゃないかな?と思っています。

 

 

良くも悪くも、というとまた語弊がありそうですが、昭和世代として考えると、かつて“空気を読む”ということが非常に当たり前に求められていたし

 

発言権という、暗黙の権利が、非常に不平等な時代があったと、僕は回顧してます。

 

 

「うるせえ、おめーは黙ってろ」

 

ヒエラルキーの厳しい時代でしたし、また、寡黙が美徳ということもありました。

 

 

それがオープンになったことで、空気が読めない、面白くない、話が通じない、話の筋が読めないという事も当然増えると思うんです。

 

 

読書が文章能力や対話力を向上させるとは思います、でも「今の子は本読まないからダメなんだよ〜」という世代区切りに考えると、読解力がとんちんかんな大人の方の説明ができません。

 

 

一定数、読解力がない人はいる、でも、臆せずコミュニケーションができる環境になりつつある

 

 

自分は、そういうポジティブな捉え方もあるんじゃないか?と思って読んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019.12.06 Friday
  • 10:10

灸屋

科学と東洋医学

科学のイラスト検索したんですが。。これ、たぶん化学だよね💦

まあいいや、え〜灸屋は言うほど東洋医学に基づいた手技手法はないんですが
東洋思想的に解釈していることは間違いないです、所詮(と言ったら叱られますが)東洋医学は東洋思想の一部ですから。
さて、科学とは何か?
僕は再現性と以前、学んだことを書いた気がします。
再現性を認められるならば、医の東西を問わずに、科学的と言えるんじゃないかなと。
ど〜も、東洋医学と科学という、相性が悪い印象がありまして、どちらにも傾倒してない自分が仲裁的にいうのもアレなんですが(笑)
もっと仲良くしたらいいのに、と思います♪
僕は正直、まだまだ知識も足りない(なんなら学生よりはるかに減ってるかも💦)ですし、惰性に陥ることなく、“常に学ぶ”
が大事なんですが、
いまは経験と心を耕す知識、具体的には“教育”を学んでます。
学ぶ、ということを学んでいる、といいましょうか。
はりきゅうマッサージとしては医療としての地位を確立しようというのが、業界全体の流れだと思います。
僕も、末席を預かる身として意識を高く持つべきですが、僕は、生理・解剖学ではなく、心を学ぶ人間学にシフトしました。
研究は研究に身を置く人が開いてくれることを信じます。
病院も先生も信じてます。
灸屋の現場では、カスタマーさんが、より善き情報と、判断と、生活改善が出来るように、学ぶことをアシストすることが出来るよう
学び方を学んで、アシストできるようにしたいと思ってます。
そのためには、やっぱりリラックスすながら、話をして、整理する時間と空間って必要じゃないですか
だから、治療院とかじゃないんです、リラクゼーションサロンですwww
  • 2019.11.21 Thursday
  • 08:19