Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

灸屋、大いに売る


今月末に開催される予定だった写真展のポスターを、看板の上に貼ってました。

中止となり、泣く泣くポスター剥がすと両面テープが「え、なんで?もう剥がすの?まだ開催されてないよ、ちょ、待って!イヤだー!」

…と引き剥がされる事に贖うようにベッタリくっついちゃってます(´・ω・`)

思えば、直近の投稿を眺めても、およそ鍼灸マッサージ店の広告宣伝媒体としての役割、効果を感じない


のは気のせいではないんじゃないかと(-.-;)

亡き父は計算が早く、商いに関しては天才的スピード感がありました。

どうした遺伝子のイタズラかはわかりませんが、これっぽっちもワタクシのカラダには引き継がれてません(笑)


ただ、正しいことが何なのか?を恒久的に識別する嗅覚みたいなものは、どうやらあります。


灸屋の商品は自分だから、自分の人となりを出す、それが灸屋を知っていただく鍵となる

と考えたので、長く、そしてくだらないよもやま話含めた日記的ブログが長年続いてます。

また、過去にはこうも言いました。別に、灸屋が治してるんじゃなく、治っちゃうんだと。

治るチカラを高めるために、後押しする、手当しているんだと。


小さな灸屋がそこでニッチに食いっぱぐれないためには、引き出しを持つこと、様々な角度を持つことだと考えてます。


同じ話でも、聞いて納得できる相手とムカつく相手がいらっしゃいますでしょ?(笑)

話が入りやすい角度と、理解しやすい引き出しを幾つも持つことで


存在価値があるかなと


と、ここで自分の人間力が問われるので、磨くために大学に学び、地域に学び、バスケにうつつを抜かしているのであります(笑)


開業から16年、もう16年、まだまだ16年。

現状の3倍4倍、いや10倍仕事をしてもまだまだです

これからこそ、混迷の時代にあってこそますます求められる灸屋であるように


日々研鑽

健康第一で


邁進します

  • 2017.09.22 Friday
  • 12:36

灸屋

鍼は太いと細いはどちらがいいのやら?



ちょっと思いつきでつぶやきを。

鍼は太いほうがいいのか?細いほうがいいのか?

実は、僕自身も、人によって違う教え方をされており

「細い鍼が使えたら一人前」と
「太い鍼が使えたら一人前」の

両方を言われました(笑)

え、どっち?


と思いましたが、今は単純に


満足してもらえたら正解


に落ち着きました。

 

 

補瀉とかいろいろあるんですけども、どっちかに寄るよりは、なんでも使えた方がイイな〜と。

 



ちなみに、太いと痛い?と気にされる方もいますが


太さよりは、刺鍼する部位とか体調とか

あとは刺す人のやり方かな

刺激についてはそちらのほうが影響あるかと思います。

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 09:07

灸屋

あってもいいと思ってやってます

 

最近、文章だけだと読む気もしないだろうと、イラストを使っておりますがいかんせん

 

フリー素材なので文句は言えませんが、こうして書いてる最中は背景が白くて、

 

ブログの内容も明るく感じるのですが、

 

いざアップするとなんか背景が黒くなるので、なんか陰鬱な印象になるのがちょっと。。※このイラストはなりませんでしたね〜

 

 

まあ、対価を支払わずに文句を言うな、ですね。

 

 

対価と言えば、これはオフィシャルなサービスではないんですが、お支払いを“モノ”で頂いてるケースが実はあります。

 

物納ですね。

 

業界的に「バーター」でしょうか?

 

 

これはもう個人だからこそ成立する最たるものだと思いますが

 

僕が価値がある、と評価判断したモノと、灸屋のサービスを交換してます。

 

 

当然逆もまた真なりで、相手側が、灸屋のサービスを評価してくださってはじめて成立する交換です。

 

 

これはさすがにあまり聞いたことがないので、独特かな〜と思って書いてみました。

 

 

だからって、家にあるいらないモノ沢山引っ張り出してきてこれでマッサージして、と言われてもしませんよアタクシは(笑)

 

 

 

なんかこう、心がホッとすることが出来てるな〜と思って、そういう余地をもっています。

 

 

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 12:45

灸屋

GWに(無資格)マッサージ受けました♪

以前、無資格マッサージについて持論を書いたと思いますが

 

 

実際に、無資格マッサージを受けてみました、こちらです

 

・・・許可取ってないので、載せられません(汗)

 

ま、あの〜紹介の仕方が「こちらが無資格営業のマッサージさんです!」

 

 

っていうフリで許可してくれるところはフツーにないと思うんですが、今回別にディスるためにかいてるんではなく

 

むしろ

 

「あ〜。。。気持ちよかった〜☆」

 

 

という、感想をまず挙げてみたいと思いました。

 

どーでもいいですけど、フリー素材の画像って背景がいつも黒ですね。

 

ポジティブなことを書いても雰囲気が悪い(笑)

 

 

 

ともあれ、本当に気持ちよかったです。しっかりと1時間やってもらいましたけど、料金もリーズナブル

 

というか安い!!!

 

 

長時間の運転後だったせいか、軽く頭痛がすることも含めて最初にお話ししましたが

 

それもちゃんと施術後にはだいぶ和らいでました。

 

 

充分です、満足です。

 

聞けば、1年ちょいの現場でこのレベルまで揉めるようになっているとのこと。

 

これも以前書きましたが、揉むだけなら1年もあれば充分だから免許取得も規制緩和と

 

と書いたこともあながち間違いでもないな、と再認識しました。

 

 

 

レベルはというと、専門学校の生徒、くらいの感じです。

 

しっかりと教わったことを丁寧に、真面目にやってくれてる感じでした。

 

 

 

これ、ほめ言葉ですよ?ベテラン演歌歌手みたいに、慣れてくるとやけにビブラート利かしたり

 

結構オリジナルが度を過ぎたりするじゃないですか、そういうのがなくて、ストレート感があります。

 

 

 

ただ、間違いなく個人差があるので、今回の僕のパターンは「アタリ」だと思ってます。

 

 

効果とか、治療とか、リラクゼーションとかそういうものを求めるんではなく

 

「揉まれたい」

 

というニーズには合致してます。

 

 

本当にいい体験をさせてもらったな〜

 

逆に言えば、揉まれるだけならこれでいいや〜、というその上を当然のように超えるのが我々プロ

 

 

ただ、クサすだけではなく、現場で実感してその距離感というか、自分のやるべきことを確認できた収穫がありました♪

 

 

 

 

 

 

  • 2017.05.04 Thursday
  • 09:51

灸屋

励ましの絆

今朝、新聞を読んでいて

ハッと気付かされた事を書き留めたくてブログを開きました。

随分と長く在宅医療の末席に関わらせて頂いておりますが

自分の役割

について融通の利かない面があったのでは?と考えさせられ。



ご存知ない方が多いとの前提で少し話しますと、外出困難な方で医師に必要であると認められた場合に

医療マッサージが利用できます。


機能回復がその主たる目的となりますが、僕も最大にそこで貢献しようと


随分と、『カラダを動かすことを強いて』こなかっただろうか?と。
 

 

役割、仕事としては間違いではないですが、

 

人間として対峙するとき

まず、励まし、理解し、安心を与えるマッサージであるべきではなかったか?と。

その部分については、おしゃべりが補完しているように考えてましたが(;´∀`)


マッサージでそれが出来てこそ、アナタがやる意義あるんでしょ?

と自らに稲妻のようなツッコミを入れた今朝でした。




自分では元気になっていただくよう、鼓舞するつもりがダメ出しに受け取られたり

押しの強いキャラがにじみ出てしまっているのか?と思うときも多々ありましたが苦笑


励まし、また励まされる関係を創り出すという事が大事なんだと


2017年4月12日の朝に、改めて自覚致しました☆

さあ気づいた時から実践、宜しくお願い致します



 

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 08:32