Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

ひらつかの健康まちづくり



PTAと外部指導という役割を前年度で納めましたが

今年はこのようなお役を拝命させていただくことになりました

なんか、自分に関係あるし、興味があったので(ノ´∀`*)
  • 2016.04.20 Wednesday
  • 07:58

灸屋

桜満開




毎年

春限定

灸屋桜景色です
  • 2016.04.07 Thursday
  • 21:50

灸屋

パンプキン



待合室とは名ばかり

予約制で承ってますので、ウェインティングってのはないのですが(笑)

ご家族連れだってのお越しのケースなどありますので


なにかないかなあと、バリバリの健康専門誌だと重いしなあ〜

と思ってたとこに


ナイスな雑誌が(*´∀`)

スペースも潤沢にはありませんので、雑誌の種類が充実ってことも正直ないとは思いますが


今後もちょうどいい♪を見つけたら採用したいと思いますO(≧∇≦)O
  • 2016.03.21 Monday
  • 08:54

灸屋

年に一度の涕泣日



本日、青色申告会のご指導を受け、申告を済ませることが出来ました。

営業の方は定休はございませんが

顔じゅうから汁が出るほど泣き崩れたくなるこの日

どうにか、灸屋ジョー、立ってます・・・あれ?ジョー、どうしたんだ、ジョー!!




 
  • 2016.03.10 Thursday
  • 16:32

灸屋

腰痛について再考します

NHKスペシャル 腰痛・治療革命


かつて、平塚で同じ時期に開業された伊藤先生に紹介していただいた「腰痛はストレスである」という書籍とともに

伊藤先生の話を伺い、なるほどと感得、以来、自分なりの腰痛に対する考え方を構築することとなりました。


ここ最近、腰痛の方が頻発されているので、改めて記事にしてみようと思った矢先、その伊藤先生がFBにてリンクシェアしていた記事をそのまんまパクリ活用させていただき、付記していきたいと思います。


僕はまず腰痛に対する、正確な現状把握、をしてみてくださいとお話します。

すでにここが難しいんですが、「理屈はいいから早く何とかしてくれ」、というのが概ねのカスタマーオーダーです。

ですが、その発想がすでに間違えていて、何とかするのは本人であって、僕はそのお手伝いをするにすぎません。


金を獲っておいて責任回避か!そうではなく、最良の方法論として、アシストすることを明示しているのです。


腰痛のすべてではありませんが、多くの場合、生活や仕事、スポーツに支障があるほど腰が痛いので、お金を払ってでも早くどうにかしたいとおいでになるのですが

その肝心な痛い場所を尋ねると、異口同音に

「ここらへん」



とおっしゃいます。そんな大変な痛みなのに、ここらへんって、どうしてアバウトなんでしょう??

これは身体に限らず、機械でもそうですが、症状が出ている箇所に押しても引っ張っても異常がないのだから、

原因は別にある


と考えるのが一番シンプルな考え方ではないでしょうか?


同様に、痛みの表現を「響く」と仰る方もまた多いように思います。

響く、というのは、音源ではなく反響ですから、やはり別の場所に元がある、と考えるほうが自然だと思います。


灸屋では、まずそこの話から進めさせていただいてます。


今日のところはとりあえずここまで( *´艸`)





 
  • 2016.02.18 Thursday
  • 10:46